私が夏の使者 !?
b0087245_914456.jpg

私の(作:演出)作品が立て続けに本番を迎えている7月です♪

その隙間をぬって、出演をこなしているわけですが、先日、夏の風物詩ともいうべき某神社での古典芸能の舞台を務めて参りました~。
祇園祭と同じで、年中行事であるこの舞台を御覧になって夏の到来を迎える市井の方々も多いと聞きます。
ということは、我々は、皆さんに”夏を届ける使者“ということになりますかね(^-^)

“夏の使者” ・・・大役です(^-^)v

日中はホントに暑くて、舞台にじっと座っているだけでも、装束の厚みを通して汗が吹き出てきます。

舞台は楽しく務めさせていただきました。

この舞台(行事)を終えると、私にもやっと夏が到来したような気がします。

しかし、8月1日まで、私の演出作品が、あと2本本番を迎えますので、まだまだ気は抜けません。

が、もうちょっとです。

“夏の使者”の私の夏の到来も。
[PR]
# by mop-okamura | 2017-07-26 09:14
福井県にて
b0087245_9264339.jpg

b0087245_9264379.jpg

古典芸能の本番つづく間に間に、先日来、福井県に来ております。

今回は竹人形文楽の公演です。

到着して先ずビックリしたのは、演出家が劇場敷地内でマムシに噛まれて救急搬送され入院したことです。

公演期間中、もう15年くらい此所に寝泊まりしてるんだけど、こんな事態は初めて。
マムシ谷やらマムシロードと呼ばれてる場所があるんだけど、現場はまさにそこでした。
夜、風呂上がりにサンダルがけで マムシロードを、覆い被さる草をかきわけながら宿舎に向かってたら、「ガブッ!」だったらしい。。。

演出家不在で稽古が進み、いよいよ本日、初日の幕上げです。

私にとっては6~7年ぶりの作品です。

面(写真)を着けて、演じます。

この面も、私の顔の造作に合わせて作られた特注品です。面師Tさんの作によるもので、約10年前の私の顔をモデルに作られてます。今どうかな? 合うかな?

悲しい父子の対面の場面は、ライブ感を大切に演じています。

初日、良き本番となりますように!!
[PR]
# by mop-okamura | 2017-06-24 09:26
5月も通り過ぎ
b0087245_22255245.jpg

b0087245_22255346.jpg

b0087245_22255360.jpg

b0087245_22255317.jpg

ず~っと、古典芸能の本番が続いています。
今日の本番は、極わ極わなコンディションでしたが、なんとか無事に生還致しました♪

そういえば書き忘れてましたが、4月の安芸の宮島の古典芸能の勤め、無事に終わったんです~(^^)/

身体的な緊張感はありましたが、おかげさまで何とかやりきれました。
私の古典芸能のキャリアとして、一つの節目となる重要な役目を勤めさせていただき(“披キ”と言います。)、関係者の皆様にはこの場を借りて深く御礼申し上げます。

今、改めて写メを眺ると、ずいぶん懐かしいです。
[PR]
# by mop-okamura | 2017-05-31 22:25
みやじま
b0087245_23541526.jpg

b0087245_23541567.jpg

b0087245_23541641.jpg

今年の宮島入りは濃霧に阻まれて、一時、フェリーが出港を見合わせるなど、いつもとちょっと違う感じでスタートしました。

海上から見つめる厳島神社の大鳥居が、霧で霞んで、なんだかボンヤリ。

神の島、厳島。

霧の演出効果でよりいっそうの雰囲気です(^^)/
[PR]
# by mop-okamura | 2017-04-18 23:54
さくら、さくら
b0087245_7211381.jpg

b0087245_7211413.jpg

b0087245_72114100.jpg

さくらが満開ですね。

露店がまったく出ていないので、余計、桜並木が綺麗 に映ります。

桜のトンネルをくぐって、うぐいすの鳴き声を聴いています(^-^)

まもなく節目となるべき古典芸能の本番がやってきます♪
安芸の宮島、厳島神社にて。

神と応答する古式。

水上能舞台で一番最初から最後まで座ります。耐えられるかどうかは、挑戦です。

神と同じ舞台に控える誉れと、耐えしのぶ時間。

・・・何を想うのだろう。
[PR]
# by mop-okamura | 2017-04-16 07:21



岡村宏懇のブログ
by mop-okamura
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31