夏祭りでも
b0087245_22272528.jpg

b0087245_22272541.jpg

b0087245_22272574.jpg

b0087245_2227258.jpg

行ったり来たり・・・なかなかメリハリが きいています(^з^)

昼に京都の能楽堂で本番!
終わってすぐ奈良に走って、夜に東大寺脇の神社にて本番!

共に古典芸能の本番ですが別作品で〜す。

奈良は古典芸能〔散楽〕発祥の地だから、そのお膝元の神社で本番をつとめさせていただけるのはなかなか趣深いです(*^^*)

奈良は夏祭りで、境内には露店もいっぱい出てて、昔懐かしの〔紙芝居〕もありました(写真③④)

外国人観光客もいっぱいで、奈良のゆるキャラ〔せんとくん〕のぬいぐるみも出張。記念写真で賑わってました。

私たちは本番前、神殿で神主さんから御祓いを受け、身を浄めてから舞台に出るのですが、
御祓いの時、黒紋付きで居並ぶ私達の列に〔せんとくん〕も列席。ちょうど私の真横に〔せんとくん〕が座りました(⌒〜⌒)

いや〜こんなにマジマジと〔せんとくん〕を見るのは初めて!
腕にはめた金の二重ブレスレットが眩しく光ってます。

御祓いが始まり、〔せんとくん〕も私達の拝礼に合わせて見よう見まねで頭を下げるんですが、鹿角の大頭が重いのか 頭を下げると・・・そのまま前転体勢に入ってました・・・(笑)

古典芸能はもともと神様に奉納する芸能です。

古社の小さな神楽舞台で、参拝の善男善女に向けて演じた本番は、祭りの雰囲気に馴染んで、演ってて気持ち良かったです♪

古典芸能の本来の姿ですね(^-^)
[PR]
by mop-okamura | 2016-07-15 22:27
<< リフレッシュ 伝統芸能あちこち >>



岡村宏懇のブログ
by mop-okamura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30