武道のこころえ
b0087245_11302981.jpg

b0087245_11303062.jpg

b0087245_11303080.jpg

b0087245_11303015.jpg

久々に道場に顔を出した。静かな緊張、ピーンと張り詰めた空気。

弓道。

しばらく弓を執ることから離れてたけど、毎年、この一月になると、三十三間堂通し矢なんかも耳にするし、『あ~今年はちゃんとまた弓を引きたいなぁ…』と思い巡らされる。
弓の話は尽きなくて、…あっ、弓って言ってもアーチェリーじゃなくて和弓ね、和弓。袴はいて片袖もろ肌ぬいで引くやつ。禅味とか明鏡の境地(?)とかがなんとなく似合いそうな方ね。

弓との出会いは古くて、高校時代まで溯る。
中学生の時、“鎮西八郎”源為朝(鎌倉幕府をひらく頼朝のお父さん、義朝の世代の武将ね。超人的な剛弓を引き、そのため左腕は右腕よりも12㎝も長かったという。実際、弓やってると左手が強くなるのかな?オレも左手の握力の方が右より断然強くなっていったなぁ。)に憧れてて、入学するやもう迷わず弓道部の門を叩く。
そして怒濤のごとく過ごした高校三年間。
弓道なくして我が高校時代は語れない。
ヤリ高弓道部での輝かしい記念的思い出も今となってはずいぶん遠く、一宮高校弓道部OB会である“桃弓会”メンバーでつながりがあるのは、もう同級生のA井君ぐらいになってしまった。

その後も何度も弓を引いてきたつもり…が、…なぜだろう?
思い出すのはいつも、高校ん時の弓だ。

『そんなハズが…』

弓を引く動作(体配)のなかで、いつのまにか当時の自分そのものになってることがよくある。その時見たのと同じ景色。 当時の自分を感じるのじゃない。色褪せない記憶とかでもない。ほんまに高校生の自分。不思議なこと。

そんな心の景色の中で、弓弦に矢を「筈掛け」してると(矢をつがえるコト)、矢のお尻の「筈」部分が欠けてしまってて弦に矢を掛けられないことがあったりする!こうなるともう射てない…。しまった!なんという不注意!!一連の弓の体配動作の途中なんで、これが試合だったりするともう引き返せない。「筈」が欠けて無くなってるなんて!
→ 筈が無い
     → はずがない
           →『そんなはずがない!』
 弓道用具が由来の日常語(笑)には他にも「勝手がちがう」などがある。余談ですが(^_^)

道場にはだいたい「射法訓」と「禮記射義」が額上げされてて、これを大きく礼唱しなければならない。

《しゃはしんたいしゅうせんかならずれいにあたりうちこころざしただしくそとたいなおくしてしかるのちにゆみやをとることしんこなり…(後略)》

当時、口が壊れるくらい読唱したので、門前の小僧の経読みじゃないけど、意味もあんまり解らず暗記してた。
今日久々に礼唱。
さすがに後半は忘れてしまってたけど、まだまだ寝言のように文言が口をついて出てくる。しかも今はやや漢字に変換されて(笑)

《射は身体周旋必ず礼に当たり、内、志正しく、外、体直くして、しかるのちに弓矢を執ること慎固なり…(後略)》
←多分、こういう意味だろうと自分勝手に漢字をあててるんで、間違ってる可能性は高い(笑)

道場は吹きさらしなので今日のように寒気が厳しいと、黒光りする床板の冷たさは足袋の中に五本指ソックスをはいててもそうとう堪える。でも寒稽古(っていうか気分はもう寒修行?)はキビシイゆえ実力がつくと先生はおっしゃってた。

しばし弓の弦音に耳を傾ける

鷹の羽の矢は高価だから白鳥の矢で、弓も竹製は値が張るからカーボン製のを使う。だけど、素養なんていうとカッコイイけど“弓道の型”や“手の内”(弓の握り方→これをいい加減にすると弦で耳をハネたり顔を強打しケガをする)は身に染みついて息づき、まだまだ錆びてないぞ。

ここ一番って時のために、高校ん時に使ってた赤い羽のジュラルミンの矢を四本、ずっと実家に保管してある。未だ使う機会なく埃の積もるにまかせているので、もう矢の重心バランスも狂ってしまってるかもしれない。

いつかあの矢を射る時がきたらいいなぁって、 いつも、 そして今も、  意識の片隅でこっそり思いつづけているのさ。

(写真①) 道場から見た的場
(写真②) 巻き藁。弓道の型の練習に欠かせない。
(写真③④) 高松市にある平家物語歴史館の那須与一の臘人形。
④の那須与一をみると「口割り」(→矢は唇のラインの高さにくるようにつがえるので、こう呼ばれる。)が下がってるんで、近的(28メートル)の的にはこれじゃ絶対当たらない。これは遠的(60メートル)用の構え方なんで、的の扇まではやっぱりそれくらいの距離があったんだろうねぇ。たぶん。
[PR]
by mop-okamura | 2007-01-21 11:30
<< ゆあ~ん ゆよ~ん あれこれ昔話 >>



岡村宏懇のブログ
by mop-okamura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31