<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
焼酎亭ウォッカ 出演情報
また落語に出演します♪

焼酎亭ウォッカ(岡村宏懇)、約半年ぶりの高座です(*^_^*)


 ★浄泉寺 落語会

第二回『寄りどり』

【日時】6月7日(日)

     〈開演〉

 ●13:30頃~→【とりどり】(楽団)

     ~休憩~

 ●14:10頃~→【焼酎亭小梅】(落語)

 ●14:40頃~→【春野恵子】(浪曲)

     ~休憩~

 ●15:20頃~→【焼酎亭ウォッカ】(落語)

     〈終演〉

演目進行状況により、実際の時間は多少前後します。

【場所】浄泉寺
    (京都府八幡市八幡馬場41-7)
     ※最寄り駅→京阪電車「八幡市駅」
[PR]
by mop-okamura | 2009-05-28 08:57
帰ってまいりました(*^_^*)
b0087245_20225355.jpg

b0087245_20225394.jpg

若州人形座 公演 『竹人形文楽『五番町夕霧楼』
おかげさまで無事に終わりました~♪

今朝は、ちょっと肌寒い福井県です。

これから一路、京都に帰るわけですが、
インフルエンザ蔓延の渦中に帰るようで、ちょっとドキドキ

福井にいる間にも、
関西では学校が一週間休校になったとか、ホールの催しも軒並み中止に追い込まれた
…とか、いろいろ耳にしていた。

福井の本郷でもマスクは手に入らない。

明日からまた大阪に出て、劇団未来の稽古に通うわけですが、マスクが無いとちょっと怖いなぁ
おっと!…そう言ってる内に早や京都市内だ。

どれどれ?

道行く人達を眺める。

が、マスクしてる人をほとんど見掛けない。

あれれ?

あっ!

やっと マスクしてる人を見つけて(やっぱりそうやったんや!)と過大に緊張しつつ、
(やっぱ思ったとおりやん)と、見つけたことに安心している(笑)

京都に帰ってきたばかりで最新のインフルエンザ情報にまだ接してないですが

とにかく

風邪には御用心!御用心!!ですね(; ̄_ ̄)=3
[PR]
by mop-okamura | 2009-05-25 20:22
好調です(*^_^*)
b0087245_1151536.jpg

b0087245_11515338.jpg

b0087245_11515398.jpg

b0087245_11515317.jpg

(写真1) 松坂慶子主演『五番町夕霧楼』の映画パンフレット
(写真2) 若州一滴文庫劇場門(本日)
(写真3) 劇場裏からつづくのどかな風景(本日)
(写真4) この面を付けて、夕子の父親・三左衛門になります。

昼の一回公演なので、本番が終わっても まだ4時。

なので昨日は、
終演後、隣り町 高浜のスーパー銭湯に皆で出掛けてリラックス。フィンランドサウナ、ミストサウナで身体の芯から疲れを溶かす♪

英気を養っての今日の本番です。

頑張ります(^_^)v
[PR]
by mop-okamura | 2009-05-24 11:51
いよいよ本番!
b0087245_12381762.jpg

b0087245_12381726.jpg

b0087245_12381747.jpg

b0087245_12381797.jpg

b0087245_12381755.jpg

(写真1) おりん地蔵
(写真2) 蜘蛛の巣の雨粒
(写真3) おりん堂脇のサルスベリ
(写真4) 舞台に聳え立つサルスベリ
(写真5) 人形館に展示されている鳳閣寺。正順により、炎上す。
     正順の竹人形の面を見ながら、その声に耳を傾ける。
     モノ言わぬ竹人形の面から漏れてくる声に耳を澄まし
     てみる。竹人形に“命”が宿っていく静かなひと時です

いよいよ竹人形文楽『五番町夕霧楼』公演が始まります。

只今、本番約1時間半前。

霧雨のように篠つく雨の中、朝イチで“おりん堂”まで公演成功祈願に参る。
おりん堂の脇のサルスベリの大木の葉が、雨に濡れて蒼い。

おっと!
雲が切れて陽がさしてきました!

陽がさすと竹林に光線のシャワーが降り注ぎます。

ゆらゆらゆらゆら 光が揺れて

竹林の葉擦れの音が静かに鳴り
  空気がだんだん澄んでゆきます。

準備完了です

いよいよ

夕子と正順の物語の幕が上がります♪
[PR]
by mop-okamura | 2009-05-23 12:38
竹藪囲い
b0087245_9413175.jpg

b0087245_9413117.jpg

b0087245_9413111.jpg

b0087245_9413164.jpg

b0087245_9413131.jpg

(写真1) お揃いの“竹藪囲”Tシャツ
(写真2) イントレで囲み覆う前の劇場裏の青い竹林
(写真3) 焼酎“眠れる黒猫”
(写真4) 眠れる黒猫Ⅱ
     …竹人形文楽の<語り>担当の将軍猫さんです。全ての
     登場人物を声音で語り分けるその芸は神業に近い。そ
     して何よりも驚かされるのは、上演時間約90分の上
     演台本を全て暗記して喋っていることだ。いや~神業
     に近い。。。が、少々お疲れ気味(笑)
     俄か整体師によってメンテナンス中の将軍猫です(笑)
     猫伸び~~~っ
(写真5) 眠れる黒猫Ⅲ
     オーバーヒート中(笑)

今日は 良い天気でしたね~。
でも。。。
陽射し…めちゃくちゃ強くないですか?
 っていうか ありゃ紫外線の強さだな。
日向に出ると、
陽が染みて もう目を開けてられない。
細めた目に映る全てが(樹も家も道も草も花も…)ハレーションをおこしたように白っぽ~い。
反対に、影はクッキリハッキリと黒だ!

そんな好天気の中、本日、
好例の“竹藪囲い”という舞台設営一大イベントが行なわれました。

私は竹切り隊(隊長)なので裏山へ踏み入り、さっそく竹取りの翁と化します(笑)。
若い竹は地肌が青々と輝き、節々に白い粉(アミノ酸)を噴いているので、服がすぐ真っ白になります。

若竹の青味がかった緑色は、竹の“命”の色だ。

15メートル以上ある青竹の根元にノコギリの刃を入れる瞬間は、いつも厳粛な気持ちになります。

この、劇場裏の竹藪をイントレを組み回して黒シャ幕で囲う作業が終わると、いよいよ稽古も本格的になってゆきます。

(5月20日)
[PR]
by mop-okamura | 2009-05-21 09:41
山の風
b0087245_2356678.jpg

ゴォ~! ゴォ~~!!

今日は朝からず~っと風が吹き荒れてる。
いわゆる山風。

吹き渡る風に樹々が鳴り、山が鳴り
劇場内にいると、小屋が鳴って声をあげている。

合宿初日は、
ガラッと変わる生活時間に 身体と精神がすぐには馴染めず、ミョ~に疲れる(笑)
基本的に“山の生活時間”なので、日の出とともに活動が始まり、日没とともに無理矢理一日が終わってしまう(笑)
健全といえばこれほど健全な生活は無いが(笑)、慣れるまでは ほんまに“時差ボケ”状態がつづきます。。

朝は、好例のラジオ体操から!

クマ殿力作の今回のラジオ体操カード はエ〇ァンゲリオンをもじった楽しいものです。

表紙のクレジットは

 新世紀 ラジオ体操 ~最後の三左衛門~

 「サボっちゃだめだ」


さぼらず皆勤狙います(^_^)v

(Ps: 三左衛門は五番町夕霧楼のヒロイン 夕子の父親。)
[PR]
by mop-okamura | 2009-05-17 23:56
福井県合宿スタート
b0087245_23354893.jpg

b0087245_23354898.jpg

b0087245_23354853.jpg

朝晩はやはり寒いです、福井県!

いよいよ合宿スタートです♪

劇場裏の竹藪に春竹の芽がニョキッと出てきている。
我らが、劇場に舞台を作ってると、NPOの事務局長が何やら竹藪に屈んで作業している。
聞けば、穴熊が夜な夜な出て 竹の芽を食い散らすので、その防壁柵を作ってるのだとか。

柵で囲いきれない分は取って食ってよし!ってことだったので、皆で、よし!っと掘りにかかる。
道具がないので、なぐり(金槌)で試みるが効率悪い(笑)。
熊殿がどこかからか見つけてきたスコップで無事掘り出す。

この堀だしモン、夕べの食卓に上り、頂きました~♪

やわらかくて おいしい 春竹の芽でした(*^_^*)

(5月15日)
[PR]
by mop-okamura | 2009-05-16 23:35
仏蘭西料理
b0087245_7174939.jpg

久々に本格的な風邪をひいた。
私にしては珍しいことだ。
微熱が続いてたけど、横にならずに動き回ってたから ちょっと長引いたみたい。
鼻も詰まって、一週間ぐらい味覚無かった。
不思議なんは、
味分からないはずなのに、食べてみると、美味しいものとそうでないものとが なんとなく分かること。何故なんだろう?

さて。
風邪ひいて味覚無くなる前の話ですが、
劇団未来の座付き作家と演出家の御招待で、もうひとりの客演の方と共に 心斎橋にある仏料理店にご馳走になりに行ってきました。
後で聞けば、このお店、オーナーがあの!郷ひ〇み。
ちょっとビックリ。

田舎にオープンした伊・仏料理店 というのが6月に出演する芝居の舞台設定。
私はそのオーナー・シェフの役柄なんで、実地見聞に来てるわけ。
何着て行っていいか迷い、結局スーツ着て行ったが。。。しかし。。。坊主頭にスーツって似合わないねぇ(´A`)

料理それ自体よりも、そこに働いてる人の立ち振る舞いやマナーを勉強しに行ったんだけど、
果たして上手く「役」に生かせるかな~f^_^;

子牛のエスカロップ。

ソースが、わりと濃厚で お腹への負担がやや大きかった。

役づくりに生かさなきゃって考えると
気持ちの負担(?)もやや大きい!?
。。。なぁ~んてネ(笑)

楽しい会食でした。

ご馳走さま~♪


ってことで、今日から福井です。

福井は寒いかな?

風邪のぶり返しに、要注意 要注意!
[PR]
by mop-okamura | 2009-05-15 07:17
邂逅と惜別
今にして思えば
私の高校時代はもう、部活動(弓道部)一筋 、弓に明け暮れるうちに過ぎてゆきました。

 懐かしき 愛知県立一宮高校 弓道部

熱が出て臥せっていたところに、
実家から電話がかかってきた。
同級生のK君から電話があって、私と至急連絡をとりたい ということだ。

…K?

Kといえば、弓道部のチームリーダーだったK以外に知らない。
思いがけないKとの邂逅だった。

お互い最後に会ったのは20歳くらいだったかなぁ。(その後、音信不通。。。)

あまりにも年月が隔たっていた。

お互いをつなぐ受話器越しの一瞬の<間>に、
なんだか こそばゆい緊張が走る。。。

「…もしもしKです。」
「もしもし岡村です」
  …(間)
「…おまえ今どこにおるだ?」
「俺か?京都におんねん」
「なんや…あれから(←大学入学)行きっぱなしか」

受話器の向こう側の声は、もう全然変ってなくて、目の前に浮かんでくるのは、高校ん時の詰襟学生服姿のKだ。

「声、高校の時と全然変わっとらんな~」 そう言うと
「ちょっと太ったわ(笑)」、そう返ってきた(笑)。

たちどころに高校時代にタイムスリップするKと私。

気持ちが繋がるのにさほど時間もかからない。
さきほどの一瞬の緊張状態が嘘のよう。

ただ

Kの尾張名古屋弁と私の関西弁

私の喋る関西弁が、時間の隔たりを物語る。

電話は、良い知らせではなかった。

一緒に弓のチームを組んだチームメイトの〇〇の訃報だ。

風邪熱にガンガンする頭を、もひとつガツン!と殴られた。。。

  (早すぎるやろっ!!!!)


言葉を見失う

“止まった時間”を想った

“止まるまでの時間”を思った。


言葉が

ない
[PR]
by mop-okamura | 2009-05-12 21:13
時の流れ
b0087245_23592196.jpg

b0087245_23592281.jpg

b0087245_23592247.jpg

何年ぶり?

寺〇屋を訪れた。
幕末維新史跡のあの!伏見・寺〇屋。

あれれ? こんなカンジだったっけ?

思わず通り過ぎてしまう程、前通りが様変わりしてて、以前 拝観した寺〇屋を思い出せない。。。

薩摩九烈士殉節の舞台となった一階部屋も、以前とはずいぶん様変わりしたようで…やや面食らう。(前は確か、葛飾北斎の赤富士の絵とかが現物展示してあったと記憶している。)

最近明らかになった衝撃の事実だけど、
実は、寺〇屋は鳥羽伏見の戦で全焼している、のだそうだ。
…ってことは、
龍馬の足跡などはもう全て灰塵に帰してるわけです(T_T)

現在 2階に龍馬が投宿した部屋が保存されており、
幕吏に踏み込まれた時に、龍馬がピストルで応戦した時の弾痕跡が柱に残っている…のだが、全焼してるんだから遺ってるわけないやん(笑)!全て眉ツバものだろう。
あ、あと、お龍さんが駈け登って龍馬に急を知らせた裏階段…とか、浴室の五右衛門風呂も…
当時の雰囲気を知る参考にはなるし、ここ寺田屋の「場所」で起きた出来事に間違いはないが、いずれも当時の現物ではないのが、ちょっと残念だ。

ここに泊まることもできるみたいなんだけど、GWを利用して京都観光に来た家族の反応は芳しくなかったf^_^;

京都には色んな国宝の仏像があるが、
好きな仏像をまたひとつ見つけた。

仏像とかの像って、
『目に見ることのできない「信仰心」をぶつける対象を「形」にしたもの』なんだろうと思うんだけど、
菩薩とか如来とか…仏像にもいっぱいあるねぇ…釈尊の弟子についての予備知識があれば、何故その「像」なのか?な~んてこともよくわかるのかもしれない…

鳥獣戯画で有名な寺の軒端でゆっくりしてたら、通りすがりの拝観客の中に見覚えのある顔を見掛けた。

あれ? 地方の姐さんと芸妓の姐さん!?

着物着てないし、芸妓メイクもしてないから、ハッキリとはわからない…

が、よく似てたなぁ。

んでも、郊外のこんな山ん中に今時分に来るわけもないから…たぶん他人の空似なのだろう。

鎌倉とか平安時代の文化財を見てると、雄大な時の流れを感じます

人間はつづいてゆく

人の考えもつづいてゆく

(けど、ミクロ的には、さほど深化してないのかもしれません…)
[PR]
by mop-okamura | 2009-05-04 23:59



岡村宏懇のブログ
by mop-okamura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31