<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
落語Day、無事終了〜♪
b0087245_23592044.jpg

b0087245_23592075.jpg

(写真①) これは何でしょう(笑)?すっげ〜面白かった(^-^)
(写真②) 焼酎亭ウォッカこと私m(_ _)m

落語スペシャルDay、無事に終わりました。

秋も深まって
イベントも多いこの時期、特に選んで足をお運びくださったお客様には本当にありがとうございましたm(_ _)m

『大人から小さな子どもさんまで楽しめる落語Day』というキャッチフレーズの下、
噺のネタ選びや準備にもいろいろ時間がかかった本番でしたが、
フタ開けてみたら子ども少なくてビックリ(笑)。

でも、夜の部の最前列に、小学校低学年くらいの子が2人いたんで、
噺のマクラでちょっと話かけてみたりしました(私が客いじりするのは自分でも珍しいと思う(o^∀^o))

でもちゃ〜んと返してくれるんだよね! あれくらいの子どもって。
物怖じしないというか、打てば響くというか。

めっちゃ楽しかったです!

今回は「落語芝居」という“落語”をちょっと違う角度から楽しめる目先の変わった楽しい舞台もあって、すっごく面白かった!

焼酎亭でもぜひお願いしたいですね

客出しの時、さっきの子が、着流しで立ってる私んとこへ嬉しそうに駆け寄ってきていきなり質問!

『ねぇねぇ 地球ってこれまでに何回転してるの?』

…………。

ん?…。

 (…つまる私(笑)
  頭ん中、もう高速回転で、え〜と地球出来て46億年だっ
 け?…なら、46億×365日?…計算式、合ってる?…ってい
 うか合ってたとしても暗算できない…『お〜い 定吉!大き
  い方のそろばん持っといで!!』(笑))

とっさに

「星の数ほどたくさん回ってるんだよ」

と答える私(^。^;)

『宇宙に全部で星っていくつあるの?』

「“星”の数ほどあるよ」

まるで、今回の私の噺のサゲの〜無学者は論に負けず〜そのままの返答ぶりになっちゃいました(^。^;)


お客様のあたたかい笑い声に、私達も温められました。
本当に本当にありがとうございました!

久しぶりの懐かしい顔にもいっぱい会えました♪

あ、懐かしいといえば…本番終わって携帯見たら、メールが来てて

『ウォッカ兄さん…』とある。

私のことを、兄さんとか兄貴とか呼ぶのは…おぉ!やっぱり!

久しぶりやな〜

彼はプロミュージシャンでボーカリストなんだけど、舞台に役者として出演するんで是非観に来てほしいというメールでした。

恥ずかしい話ですが、もうず〜っとお芝居とか観に行けてない私です。。。

ですが、

「必ず観に行くぜ」と返信。

約束したし、どんな調整してでも観に行く。

ふと、ずいぶん前にもらった彼のバンドのCDを引っ張り出してきて聴いてみた。

うん やっぱイイ♪

売れるにように今また動き出したところです、とメールにあった。
売れるといいな!

私がロータスで高座に上った時以来だから、ずいぶん久しぶりになるその彼が、
今また久しぶりに焼酎亭ウォッカとして一席やったこの日に 思いがけずメールくれるなんて なんだか洒落てるなぁ( ~っ~)/

舞台楽しみにしてるからな


Ps.

携帯が潰れてしまったんで、その代用機をこないだ貰ったばかりなのに、どういうわけかその代用機が昨日いきなり調子が悪くなって、今日慌ててお店に持って行って診てもらったら「修理に出させてください。。」とのこと。代用機が修理に行き、今日また、代用機の代用機を渡されました。
これがね〜これまでの開閉式のフタじゃなくてスライド式!
慣れてないから使いづらい使いづらい。。。

携帯受難の暦はまだまだつづきそうです。
[PR]
by mop-okamura | 2010-11-28 23:59
落語本番前
b0087245_13355372.jpg

b0087245_13355337.jpg

b0087245_13355364.jpg

落語本番直前です。

今、リハーサルが終わって休憩中なんで、近くの御所をぶらりと散歩してます♪

私の今回やる噺は、わりと所作が激しいんで、着物が着崩れしやすいんです。
なので、昨日 慌てて着物の衿留めを買いに行きました。
思い立ってすぐに買いに行けるのも着物処の京都ならではですね(^ー^)
安いもんですが、なかなか優れもんの衿留めです(写真①)
今日はこれで大暴れで噺ができます!
嘘です(笑)

出演者 三者三様でなかなかバラエティーに富んだ面白いステージになりそうです。

がんばります♪

(^∀^)ノ


   御所の細道にて(写真②③)
[PR]
by mop-okamura | 2010-11-27 13:35
雅やかに
ここんとこ能楽堂で後見の御役をしたり、能楽堂で他家の先生方とご一緒する機会が多い。

所作事ひとつとっても、御家事に作法が違うんで、なかなか緊張します。

ですが、自分で言うのも何ですがf^_^;
能楽堂の独特な空気は私には合ってるように思います。水が合うとでも言うんでしょうかね、そんな気がします(^-^)

橋がかりに通じる五色の幕を上げさせていただく役をやりましたが、
[鏡の間]で出を待つ人間国宝の先生を、間近すぎるキョリで接見し、
私の目の先を衣擦れの音をさせながら行かれるのを見る経験は、きっと今後の私にとって貴重です。

若先生の芸はすごく“華やか”

今回、あらためてそう思いました♪

私の芸は荒っぽくてとてもとてもまだまだですが、
いつか若先生のような雅やかに洗練された美に近づきたいと、強く思いました。

さて、明後日はいよいよ落語のステージです♪

どんな噺の花が咲くんでしょうか(^ー^)
他の出演者がどんな噺をされるのか、まだ私も知らないんで
当日が楽しみです

(^∀^)ノ


PS:
つぶれた携帯ですが直すのに更に一ヶ月かかるとの連絡が来ました(´Д`)
でも、以前使ってた古い携帯からのデータ移動は可能!とのことだったんで、早速 やってきました。代替機にですが、データ、一部復旧です(^^)v
[PR]
by mop-okamura | 2010-11-25 19:53
携帯 つぶれる  
うわーっ!

携帯電話破砕(!?)

今日、秋深い福井県は一滴文庫で『飛び出す紙芝居』をやってきました~♪
今回はマリンバ演奏もあって、いつもとちょっとちがう趣でした。

会が終わって、六角堂のオープンテラスでしばし談笑~♪ 気持ちいい秋風に吹かれながら珈琲一杯飲んで落ち着き(さぁかえりましょう)と、意気揚々と車に乗り込んでバタン!とドアを閉め……

……ん?

… … 閉まらない 。

なんだか(ボウン)と円~い音がして!ドアが跳ねっ返る!

……ん? あれ?

ふと見ればコートの裾に白い埃線が!
 …ドアに挟まったらしい。

 (あっ!そういえばっ!!)

慌ててポケットをさぐる! おっっ!遅かった!!

ポケットん中に入ってた携帯電話を取り出して開ければ、液晶画面がBlack \(◎o◎)/

それ見た私は真っ白 (@_@;)

うん…とも すん…とも言わない私の携帯。。。

……

 ……バックアップとってない

ということで、帰るなり即行で修理に出す。

…2週間はかかるとのこと (ー_ー)!!

今は先ず、慣れない代替機を使う練習です。ブログに書き込みできるか?も、この際一応試してみます。

カメラが付いてないんで、写メとか撮れません。

今日は絶好の行楽日和だったし、走行中に見た紅葉に萌える秋色の山々がとても綺麗で、
何枚も何枚も写メに撮ったのに~ 一枚もUPできず…残念 (ーー゛)
 
ということで、電話帳もすべて失われましたんで、しばらくの間、私からは音信不通です。かかってきたら返せますけど、それ以外はデータ無くなってしまいました。

ありゃりゃ~

とりあえず、この文章は投稿できるんでしょうかね? (^。^)y-.。o○

やってみま~す ☆彡


(投稿できませんでした。ので、本日UP)
[PR]
by mop-okamura | 2010-11-22 12:32
大納言のお膝元
b0087245_11342160.jpg

b0087245_11342189.jpg

b0087245_1134218.jpg

b0087245_11342122.jpg

b0087245_11342190.jpg

(写真①) 郡山城
(写真②) 駅から西方 徒歩15分の所にポツンとひっそり〔大納
     言塚〕がありました。
(写真③) 石柱に豊臣家の〈五三の桐〉の家紋が刻まれてます。
(写真④) 豊臣秀長の五輪塔墓
(写真⑤) 奈良県ならではの(?)〈せんとくん〉栄養ドリンク(笑)

舞台の仕事で奈良県大和郡山市に来てます(^_^)

朝、ホール入りする前の僅かな時間に、ダッシュで〔大納言塚〕を見に訪れる。

豊臣秀吉の弟の豊臣秀長のお墓です。

大和郡山100万石の城主だったんですね〜

ホールの窓から郡山城が間近に見えるんだけど、秋の紅葉に色づいた城山が美しい。

大納言・秀長の見果てぬ夢に思いを馳せつつ。

(^∀^)ノ
[PR]
by mop-okamura | 2010-11-20 11:34
月末は焼酎亭ウォッカ
b0087245_19304259.jpg

今月末の落語の本番が迫ってきてるわけですが、実はまだ口演するネタが決まってません。(゜∀゜;)

候補は2つくらいあるんだけど、いずれも今回が初披露となる新ネタです。

ネタオロシの高座は、演る方も初めてだし
探り探りなカンジでお客さんに向かうから、演者にも噺にも固さが残ってしまう。。。

う〜ん、早く決めねば…

明日、焼酎亭から着物が到着します。

いよいよ!ってカンジですが、まだ時間はある!

数えてみたら8ヶ月ぶりの久々の高座です。
じわりじわり緊張感が押し寄せてきます(笑)

とりあえず、ネタ絞りですね

坊主噺にするか、奇想天外噺にするか…

あ、オファーされてるのは20分くらいの短めの噺をということだったな

んなら、奇想譚かなぁ

でも、坊主噺!やりたい。

あ〜 時間が…

どっちにしよ?

(゜-゜)
[PR]
by mop-okamura | 2010-11-15 19:30
駆出の山伏
b0087245_11211471.jpg

秋祭り まっさかりの霜月です♪

秋に彩られた神社仏閣に、たくさんの人が訪れてます。

神事としての奉納狂言に出させていただきました。

番組の最後を飾る『禰宜山伏』の山伏役です!大役です!!

出番前はやっぱ めちゃくちゃ緊張しましたよ。
先にやってる巫女さんたちの雅楽が、もうぜんぜん耳に入ってこないぐらい。。。(゜∀゜;)ノ

でも始まってしまえば!後はやるしかない!
山伏特有のステップ(鬼足)を踏んでから〈橋掛かり〉を摺り足で歩いて行く内に だんだん気持ちも落ち着いてきて、第一声の謡声の調子も悪くないカンジだったんで、あとは楽しんでやりました♪

『禰宜山伏』の見どころは、何といってもラストの、神官たる禰宜と修験道の山伏の祈祷合戦でしょうか!!

ラストは横柄な山伏が禰宜に負けて、大黒さんに追われながら
 『あ〜許せ許せ、許いてくれい!許いてくれい!!』
と追い込まれます(^。^;)
演ってて楽しかったですが、もう汗びっしょり。

それに、後ろで黒紋付き姿で〔後見〕についてくださってたのが、なんと若先生!

直々の御出ましです(@_@)
畏れ多いことですm(_ _)m

普段 後見をなさることはほとんど無いだけに、よけい緊張しました!

芝居の観客とはちがう、一般参拝者を前にしての奉納狂言!
外国人観光客も物珍しそうにこちらを見入ってました。

声が神域に木霊し、
なんだか演ってて 心身が浄化されてゆくような
清々しい心持ちになりました〜。
[PR]
by mop-okamura | 2010-11-11 11:21
敦賀市にて
b0087245_1258558.jpg

b0087245_1258599.jpg

b0087245_1258551.jpg

(写真①) 敦賀市内に予定より早く着いたので、去年と同じく敦
     賀の一の宮として有名な 由緒ある気比神宮に皆でお参
     りしました。七五三で境内は賑わってました。
     ここには天然記念物のユーカリの樹がで〜ん!とあり
     ます。ユーカリの香しい香りが辺りに立ちこめてます

(写真②) 実行委員の方々に素敵なポスターを作っていただいて
     ました。左上はボス猫の猫手(笑)

(写真③) 行きも帰りも道路工事の支柱にいろんな動物がデザ
     インされてあるのを見て楽しかった。今日1日で、ぞ
     う、たぬき、カエルを見かけました。カエルはよく見
     るとウィンクしてるカエルとそうじゃないやつがあり
     ます! う〜ん、芸が細かい(笑)

たまたまだけど昨日今日と別の本番がつづき、体力がちょっと落ち気味(^。^;)

周りに風邪気味の方も多いし、私も気をつけねば!

昨日は、紙芝居の本番でした!
敦賀市で楽しく紙芝居をやってきました。

コドモはもちろん、父兄にもめちゃくちゃウケて(笑)、私たちにとっても楽しい時間でした♪

本当に、
紙芝居の内容的に、あるいは仕掛け的に
我々が(ここ面白いよね!?)と思って創った箇所で、余さずウケていただき!、
「本当に、お客さんに盛り上げられた本番」でした(*^‐^*)

今回の演目は、約一年ぶりの上演だったんだけど、あらためて“紙芝居の小宇宙”の面白さ・深さに魅了されました。
さらなる完成度をめざすための今後の我々の留意点は“呼吸”かな!?

“息をあわせる”そのことに更に磨きをかけ鍛錬してゆきたいです。

今月あと一回 福井県で、来月は京都で紙芝居をやります。

『飛び出す紙芝居』を引っさげて、いろんなとこへ飛び出して(笑)行きたいです(^∀^)ノ
[PR]
by mop-okamura | 2010-11-09 12:58
多彩な表現方法
b0087245_23314144.jpg

大学は学祭シーズンですね♪

今日の企画は、
ひとつの同じ「小説」を、〈漫画〉化した作品と〈朗読〉舞台化した作品をくらべて、
“表現”の多彩な在り方を探る良い企画でした。

漫画はテキストを視覚化し、朗読はそれを声で立体化する。

でも、どちらも、最初にテキストを読んだ時のインスピレーションが創造表現のタネになってることは同じで、ジャンルは違うが両者のその創造プロセスはむしろ共通点の方が多くて、面白いもんだなぁと改めて思った。

終わってからも飲み屋に場を移して、ゲストの方々を交えてざっくばらんに丁々発止♪

有名な人気女流漫画家らしいのですが、私は不勉強で存じあげなくて恐縮。
記念に、購入した先生のマンガの奥表紙にサインをいただきました♪

朗読の方は楽器とのコラボでしたが、朗読の魅力もさることながら琴奏者の〈音〉のコラボが素晴らしい。

まるでジャズセッションでした!

役者との演技セッションではなく、役者と楽器のセッションという―そのスリリングな楽しさ・面白さに興味を持ちました。
(芝居心のある音楽家さんなんだな〜)と思って後でお聞きしたら、芝居心じゃなくてあえて音楽的なアプローチからセッションしてらっしゃるんだそうだ。舞台人からも引っ張りだこの音楽家です。いつか私も共演させていただきたいものだf^_^;…特に古典芸能の分野で。


さて。

明日はいよいよ敦賀市で『飛び出す紙芝居』の公演です!

昨日今日、両日の稽古で仕上がりも順調です(^_^)v

明日の紙芝居の幕間にクイズをやるんですが、答えてくれた子供達にプレゼントする[ちび狸]に皆で“目”を描いてます(写真)。
稽古前のほのぼのした時間です(^∀^)

子狸16個、お地蔵さん6体 作りましたよ。どれも私の“一点物”の作品です(^w^)

子供たちは喜んでくれるかな〜?

明日が楽しみです♪

みんな 待っててね〜(^∀^)ノ
[PR]
by mop-okamura | 2010-11-06 23:31
街の顔
b0087245_2274522.jpg

b0087245_2274574.jpg

b0087245_2274593.jpg

b0087245_2274535.jpg

b0087245_2274597.jpg

(写真)

西陣近辺を歩く。
あるお宅では表札のとなりに「軍人遺族の家」と読める銀の古札が今もまだ貼ってあったり、
格子の塗りの剥げたところから元はそれが赤色の紅殻格子だったことがわかったり、
丸電球は外されて今はないけど、ひとつ屋根の下なのに各窓ごとに名残の軒灯があったり。。。
よく見ると、なかなか趣深い発見があります♪

観光の秋ですね(^∀^)ノ

京都もそろそろ観光客やら修学旅行生の姿をチラホラ見かけるようになりました。
有名寺院などは既に人もいっぱいでしょうか。

でも、紅葉にはまだ早いかな(⌒〜⌒)

京都は古い都なんで、注意して歩けば、いろんな発見があってなかなか楽しい。

あ、そうそう
こないだ西陣近辺を歩いてたら、遊廓の名残を留める古い民家が マンションとマンションの隙間にポツンと忘れられたように在りました。

気になって、注意して歩くと結構面白い。

昔の長屋造りっていうのかな?露地の入口にかなり朽ちかかった木の門みたいなのがあって 露地内の住人の表札がかかっている。

軒ひさしのくっつきそうな人家の隙間に滑り込み、気遅れしながら、それでも 息をひそめて侵入してゆくと、お〜〜!別世界だ!!

幅1mくらいの路地の両側に平屋がず〜っとつづいてるんだけど、どういうわけか高い建物が視界に入らない。空がやたらと広い。
TVや台所の生活音も漏れてくるし…もしかして昭和30年代ってこんな風情だったのかな〜。

ちょっと路地の一角に入っただけで、住み慣れた街はぜんぜん違った表情を見せてくれます。

こないだ書店で、

『京都写真館〜なつかしの昭和20〜40年代』

という図書(写真集?)の発売記念かな?

 「ただ今 書店 にてご予約受付中! 刊行記念特価8400円」

の張り紙を見て…う〜ん、かなり気になり、行きつ戻りつ…(笑)

う〜む…8400円か…/(´⌒`q)

古都の秋

今と昔の街の表情を見比べながら、

間違い探しをして歩いたら楽しいだろ〜な〜(^∀^)

そんなカンジの私の秋の京都です♪
[PR]
by mop-okamura | 2010-11-04 22:07



岡村宏懇のブログ
by mop-okamura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30