<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
パンフ撮影
b0087245_21534543.jpg

稽古場でパンフ写真撮影です♪

共演者で私の父役でもあるUさんが写真を撮ってくださるんですが、(写真)を御覧になったらわかる通り、こんな本格的な機材(なんと私物!)持ち込みの撮影になるとは皆思ってなくてビックリ!
稽古場がまるで写真館のスタジオに早変わり!

ご本人もカメラ屋のオヤジになりきってて、面白かった〜(^∀^)ノ

来月2月24〜26日が本番だから、まだ〜まだ〜間があるような気がしてたけど、稽古予定表を見ると意外に稽古回数が少なくて、そろそろ焦りがきますねf^_^;

大人数のシーンはなかなか稽古も大変です。

今回の芝居は、大阪のキタやミナミではなく、ヒガシ(?)が舞台です。

歴史に材をとった芝居だし、大阪東を知る参考資料等を読む機会もあって、これまで知っているようで知らなかった大阪東を少しずつ知っていけて楽しい♪

ちなみに劇場も、大阪ヒガシにある「クレオ大阪東」というご当地劇場で上演します。

東日本大震災で「復興」という言葉が強い印象で語られましたが、
私も、敗戦後の大阪が復興して現在に至るまでを描く今回の芝居を演りながら、「復興」の中で強くたくましく生きた庶民の勇気と希望について改めて考えさせられています。

(^_^)
[PR]
by mop-okamura | 2012-01-29 21:53
ふくろう
b0087245_15595870.jpg

b0087245_15595867.jpg

修学旅行生の伝統芸能団体鑑賞会で狂言『梟』の本番をやってきました(^∀^)ノ。

朝10時の本番でした!早〜っ(@_@)

『梟』は去年の9月に「兄」役で出場する本番があったんだけど、病気で欠場して陽の目を見ませんでした。
今回、舞台は違うけど同じ演目・同じ役での巡り合わせがあって、私にとっては密かなリベンジ(!?)の意味もある本番でした!

無事に終わってホッとしています♪

中学生にもウケてたしね(^-^)

狂言の『梟(ふくろう)』は悪霊に取り付かれてゆく結構シュールな話なんだけど、一般的には、ふくろうは幸せを呼ぶ使者ですよね。“縁起が良い”と置物なんかにもされてるし。

(写真②)ですが、ふくろうの絵柄の一点物の暦をいただきました。
日付板が取り外して並べ変えられるので、これはもう、ず〜っと使いつづけられる一生モノのカレンダーです!

職人技が随所にほどこされてて、見てて飽きがこない優レモノ♪

嬉しい月日が刻まれていったらいいな〜(^∀^)ノ
[PR]
by mop-okamura | 2012-01-26 15:59
刑場のツユみたいな雨の中で
b0087245_725677.jpg

b0087245_725643.jpg

雨が降ってますね。

笛のお師匠さん宅へ稽古をつけてもらいにいってきました。笛の錬成も義務なんです(>_<)

厳しく優しい御師匠ですが着物を着て端座されている居住まいに威厳があるので、御前に出ると“威”にうたれて思わず身体が震えます。

お宅の御部屋に入る…以前の…玄関をくぐる時にはもう緊張で心臓バクバクです(°□°)

先生に正対して座布団に座る頃には、もう自分で息してるかどうかもわからないという…(^。^;)

舞台の本番より緊張してるかもしれません(笑)

そうそう、先生のお宅のあるこの辺りは、確か、幕末の政治犯が多数収容された監獄〔六角獄舎〕があった所のはず…。

地理的に間違いないはずなんだけど、史跡的なものを見つけたことがなくて、(無いのかな!?)…とずっと思ってきました。

…ところが! あったあったありました!! 今日見つけてしまった!

六角獄舎跡と平野国臣殉難碑を(写真)

マンション裏の一画に目立たないようにひっそりと在りました。

 (わかりにくすぎッ!)

やっぱり!この付近が刑場跡でした(^。^;)

但馬国生野での挙兵が失敗して捕らえられた平野国臣や池田屋事変の発端となった古高俊太郎等が、この付近で命を落としています。

(そうか〜刑場跡か〜(^。^;))

笛のお稽古に来る時の「生きた心地がしない」感じも、この辺りが六角獄舎だと思えば、なんだか奇妙に符合して納得、納得
( ̄∀ ̄)/

稽古に伺う時の気分は、刑場にひかれてゆく時の気分に近かったりしてf^_^;

な〜んてね。


お稽古が無事?終わって、まだドキドキしている胸を押さえながら、冷たい雨に濡れる六角獄舎跡に佇んで、ふぅぅ〜っとひとつ大きく深呼吸。

緊張の解放です(o^∀^o)
[PR]
by mop-okamura | 2012-01-24 07:25
雪・山
b0087245_15163143.jpg

プロの研修生は定期的な「発表」をもって、日頃の成果(?)を諸先生方の御見聞に入れなければならないのですが、
先日、その会が催され、私も『小舞』を見ていただきました。

いつもは一般のお客様が見所(能楽堂の客席)に詰めておられるのですが、この日ばかりは見所に一般のお客様の姿はほとんど見られず、大御所の諸先生方が三々五々バラけて座っておられるだけです。

これがね〜、独特の雰囲気なんですね〜(^_^;)

基本的に諸先生方は楽しむためではなく“ダメ出し”するために御覧になっておられるので、可笑しみのあるシーンでも、見所から笑い声が聞こえてくることはまず無い。

演る方は緊張しまくりです!

私は今回『雪山』という小舞を見ていただきました。
去年の『盃』『土車』の舞いにつづいて、3つ目の曲になります。

舞いは「型」を覚えるのに欠かせない修行です。
最初はわけもわからず「型」をやってるだけですが、「謡」を何度も聴いている内に、自然に謡われている意味や情景が分かってきたりします。
そうなってくると、舞うことがちょっと楽しくなってきますね(*^-^*)

『雪山』は、個人的にすごく好きな曲です♪

「謡」は室町時代の歌謡曲だと思うんだけど、それを口ずさんでいた当時の人々のことがいろいろに想像されて、優しく楽しい気持ちにさせられます。

舞い終えて、楽屋に戻れば、兄弟弟子4人でさっそく反省会です…(写真) 熱いお茶をすすりながら〜。


舞台のドキドキをおさめようと気を鎮めつつ…

  (納得できる舞いができるのは…いったいいつのこと
   だろう…?…)

と、室町時代よりも遠くに(笑)思いを馳せながら、
いつもいつも呆然とさせられるのでした。


。。。ちり〜ん
[PR]
by mop-okamura | 2012-01-20 15:16
メッカで新年会
b0087245_046505.jpg

b0087245_0465085.jpg

b0087245_0465048.jpg

b0087245_0465076.jpg

b0087245_0465084.jpg

先日、本年お初の新年会がありました(^_^)

会場のあるビルに少し遅れて着いたんだけど、お店の名前がどこにも出てないので、事前に連絡をもらってなければ絶対辿り着けてなかった(^。^;)

でもここ、バブル最盛期の頃は誰もが知ってる有名なメッカだったんだそうだ。…ふ〜ん。

入ったら、お洒落な青の空間がお出迎え!(写真①)

いつも忘年会とか新年会とかあんまりやらない集団なんで、今年は珍しいです。

久々に皆に会ったな〜♪。15〜6人くらい集まって、福笑いでぎゅうぎゅうです(^∀^)ノ

やがて座長が静かに立ち上がり『皆さんこんばんは…』と、怪しげな司会進行が始まると、それぞれの近況報告や今年の抱負なんかも飛び出して…(^w^)

お正月の奉納狂言も観に来てくださってた熊殿がなんと!正月明け早々に九州の万世特攻資料館を見てきたんだって! いいな〜o(^-^)o

いいな〜 私もいつか知覧か万世へ行ってみたい(゜∀゜)ノ

海軍より陸軍の特攻隊に関心がある私としては、鹿屋より知覧や万世の名前の方が心に響きます。

マッキ―は月末に韓国旅行へ行くんだそうだ。韓国土産よろしくな〜♪
Aが郷里福島のお土産〜小さな〔起き上がりこぼし〕を皆に配っています。(写真②)
座長は酔っ払って珍しく呂律が回ってないけど、相変わらず気を皆に配っています。
演出のS氏は、レザー帽を目深に被って、なごやかに呑んでます。
照明の大御所・F氏はいつもニコニコ。
音響のS社長もニコニコです。

本当に和やかな新年会です。

今年も和やかで、お猪口に刻まれた〔豪快〕の文句よろしく、豪快で痛快な一年になればいいなぁ(*^-^*)

PS.
二次会は向かいの小汚い(笑)これまたメッカの飲み屋にGO!(写真③)

70's学生運動華やかなりし頃の雰囲気プンプンのお店です

マスターに「ここ何時までやってるんですか〜?」と聞けば「いつまででもやってます」との素敵なお答え(^-^)
実はここ、水上先生が御贔屓にしてらしたお店で、〔〇〇の美女たち〕というこのお店の写真集(写真⑤)にも先生や先生の御息女Fさんの若い頃の写真が収められています。

先生の御贔屓だったお店だというし、驚くほど中が汚い(笑)ことでも有名なお店だというんで、
好奇心にかられ一目見たいという目的だけで訪れた私は、本当に一目でその目的を果たせてしまったので(笑)早々に退散致しました
( ̄∀ ̄)

でも、汚い…んじゃなくてゴチャゴチャしてると言った方が当たってるお店の雰囲気は、それはそれで私にはなかなか居心地良かったです。
埃に敏感な方はちょっと苦しいかもしれないですが…(^。^;)

なんか、お店で呑んでるというよりは、稽古場や友達の部屋で呑んでる感じでした、ここ。


イイ感じです。

落ち着きましたよ♪
[PR]
by mop-okamura | 2012-01-19 00:46
楽しんでいこう♪
b0087245_23274139.jpg

初、通し稽古でした〜!

いや〜出演者が多い!老若男女入り混じった総勢40名の豪華キャスト!

まだ私、全役名と役者の顔・名前が一致してませ〜んf^_^;

新劇団協議会プロデュースの合同公演ならではの規模ですねぇ。

全キャストが集まると、稽古場がごった返して待機場に座るスペースがありません(笑)

今の段階で早や「通し稽古!」ってちょっと無謀だけど、演出が芝居の現在の総timeを計りたいというので、かなり無理やりっぽく(笑)、通しました(^_^)v

私は、今回39〜69歳までの役を演じます。

今日は私の娘役の7歳の子役さんとも初対面しました。かわいい(*^-^*)

まだまだ楽しめるところまで自分の芝居がいってないけど、これからこれから(^-^)-☆

夜はトンボ帰りで、京都へ。人間国宝のお宅へ伺候。
もうすぐ本番の「小舞」の総ざらえを見ていただく。

先生の御家とうちの師匠の御家では、同じ演目でも謡いの節回しも舞いの「型」も若干ちがう。

うちの型を他家の謡いで舞うというのも少し変な気もしますが、勉強になります。

私と、兄弟弟子それぞれの舞いを御覧いただいた後で、先生からひと言。

『本番は楽しんで大らかにやってください。』

「型」を間違えてはいけないという緊張感から、知らず知らずの内に小さくまとまりがちだった気分が、急にほころびました。

そうだ!そうだ!

楽しんでいこう(^∀^)ノ


帰りに、噂のアボガドを一つ食べてみた。

苦いのかな?と思ってひとかじりしてみたら、クリーミーでびっくり(=゜-゜)

あっちこっち緑色になりながら

でも

美味しかった♪
[PR]
by mop-okamura | 2012-01-15 23:27
方言絶賛自主練中!?
b0087245_1343696.jpg

方言絶賛自主練中です!?

セリフ覚えるより先に関西弁のイントネーション覚える方が大変(ToT)

私の出身は愛知県。尾張一宮の隣りの木曽川町。
だで、話し言葉は名古屋弁というか尾張弁だがや。

関西での暮らしがもう地元での暮らしよりも長いのに、生粋の関西弁に話し言葉がまだ染まりきれてない。。。
生地の尾張弁が言葉の端々に見え隠れf^_^;

名古屋出身のあるお医者さんが「…何て言うの?…例えば〜」みたいな喋り方をするらしく、私もわりと同じことを言うそうで、名古屋出身の人は皆そうなのか?という指摘がありました。

う〜む…それはたぶん、違うでよ(笑)。それはきっと口癖だぎゃぁ。おんなじ口癖しゃべってまっただけだで〜。
(↑尾張弁で答えてみました(^∀^)ノ)

地方出身の人が関西に来たら、たいてい皆 関西弁に染まるような気がします。
名古屋出身の人が関西に来て関西人が影響を受けて名古屋弁の方に染まったなんて話は聞いたことが無い。。。
関西弁はそれだけ強力な方言なんだろうな〜なんて勝手に思ってます(^_^)

「自己主張が強い人や頑固な人は方言に染まりにくい」って本当?

だとすると、まだまだ関西弁に染まりきれてない私も相当なもんじゃないでしょうか(笑)

明日は、仮通し稽古です。

共演者の皆さんの生粋の関西弁に混じって私の関西弁がどう聞こえるかドキドキです。

今、稽古場に向かう電車の中です。

たまたま飲んだ「和‐STYLE」の宇治抹茶入りコーヒーが美味しい〜♪
[PR]
by mop-okamura | 2012-01-14 13:43
ハタラキを働く!?
能楽堂の新年最初の定期能に、狂言『佐渡狐』の後見役を務めて参りました。

今年は能・狂言の公演に出る機会が昨年より多くなりそうです。
自分自身に御役が付いて出演することよりも、今は「ハタラキ」という楽屋働きや「後見」役をキチンとこなせるように極めたいと思う。

装束の着付けの介添えはもちろん、装束の畳み方、置き方、持ち方、運び方、縫い止めの針の使い方、舞台〔鏡の間〕にある揚げ幕の上げ方に至るまで…他にもいっぱいいっぱい!やること、覚えることはあります。

頭で分かってても、実際にやってみないとわからないことの方が多い。

自分の黒紋付きを楽屋で広げて畳んでたら「面積使いすぎ!」との注意が(>_<)

兄弟子から
「他の御家の方々がみえる定期能の楽屋でそんなふうに畳んでると、誰彼となく横目で『昔は、自分の膝の上で畳んだものや』ってやんわり諭されるで』
と、教えられた(>_<)

実際、着物の畳み方は慣れてないと結構難しいし、時間もかかる。でも、時間をあんまりかけてやっていてはいけない。テキパキこなすことこそ身上だ。

でも、やっぱこういうの、好きなんだなぁ(^∀^)ノ

がんばんなきゃね♪
[PR]
by mop-okamura | 2012-01-08 13:21
すえひろがれ
b0087245_12475034.jpg

b0087245_12475075.jpg

b0087245_12475027.jpg

b0087245_12475064.jpg

b0087245_12475059.jpg

新年明けましておめでとうございます!

あっという間に正月松の内が過ぎ去ってました(@_@)

皆様、良き年明けをお迎えでしょうか(^∀^)ノ

年末年始は、年越しそばにお節料理にお雑煮に、美味しいものいっぱいですね。初詣に年賀状、年始回り…、お正月ならではの行事も目白押し♪

そんな中、一昨日、神楽殿にて無事に『末広がり』の「大果報者」役をつとめさせていただきました。

年始早々、ほんと、緊張の極みの本番でした。
神社での本番でトチったりしたら、なんだか験が悪いし。。。余計緊張しました(>_<)

かなり外気が冷たいんで、目が凍みて涙が流れたり喉がやられたりもするけど、大丈夫でした〜(^_^)v
途中、太郎冠者とのやり取りでご鑑賞の皆様から笑い声があがると、なんだか気持ちに余裕も生まれて最後まで楽しんで務めることができました。

初詣の御参拝客に混じって、知り合いやお世話になった方々などのたくさんの姿がありました。
お寒い中をほんとうに本当にありがとうございましたm(_ _)m
皆様のあたたかい眼差しに包まれて、役柄ではなく「私」こそが“果報者”でしたm(_ _)m

“末広がり”とはおめでたいことの例えですね。

そうそう。
一年の運気を占おうと、お正月のおみくじが恒例なんだけど、あれの順番が今だによくわかんないf^_^;

「吉」って、おめでたい順位でいうと大吉中吉小吉半吉末吉のどこに入るの?

巫女さんに聞いてみたら、大吉の次のランクだと教えられた…。けど、調べてみると、どうもそうじゃないみたいだね。
小吉と半吉の間らしい。。

凶にも末凶とか大凶があるみたいですね。

そういえば、大学生になって初めて京都に来て清水寺でひいたおみくじが凶でした(>_<)、ためしにもう一度ひいてみたらまた凶、(ええいっ!)と癇癪を起こしてもう一回ひいたらそれも凶!

心折れました(笑)

さすがにもう一回ひく気にはなれませんでした。

若かったし(?)憤慨しながら足をバンバン鳴らして山を降りてたら、音羽の滝辺りで滑って転んだ…

あれ以来、凶はひいていないけど、
凶をひく確率ってどのくらいなんだろう?

ある意味、確率の低い凶をひくってことは幸運なんじゃないだろうか…な〜んて、そんなふうに思ったりもします。

でも(*^o^*)、凶じゃなくて、「恐」「狂」「怯」…なんてのが入ってたらびっくりするやろうね(笑)

ありえないけどもね(o^∀^o)

今年も平穏無事な一年でありますように(^∀^)ノ
[PR]
by mop-okamura | 2012-01-05 12:47



岡村宏懇のブログ
by mop-okamura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★以前の記事
★最新のトラックバック
飢餓海峡
from 1-kakaku.com
ハローキティ
from 新解 冗用漢字 ー新しい日..
★劇団M.O.P.リンク
★フォロー中のブログ
★検索
★その他のジャンル
★ファン
★記事ランキング
★ブログジャンル
★画像一覧