<   2012年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
4月も終わり
いよいよ4月も終わりですね。明日からは新緑輝く5月です。

1年ぶりの仲間と呑む。

今年は私が忙しくて外れたが、みんなの様子も相変わらずで懐かしい…

…ってほど、実は懐かしくもないかッ( ~っ~)/
それほど時間が空いた気もしないし(笑)

また一緒にやりたいと思うけど、(やれるかな〜?)と思う自分もいる。

状況が許せばホントまた是非やりたいね

また1年後の再会を期しての乾杯でした。

さてこれからまた少し本番が続きバタバタします。

◆ 非戦を選ぶ演劇人の会 in 伊丹 ピースリーディング公演
  『私の村から戦争が始まる 〜沖縄やんばる・高江の人々
   が守ろうとするもの〜』

 【日時】5月9日(水)〜10日(木)

 【会場】伊丹AI・HALL(大阪)

◆ 若州人形座公演 竹人形文楽『曾根崎心中』

 【日時】5月26日(土)〜27日(日)

 【会場】若州一滴文庫(福井県)

◆ 劇団大阪公演 『イノセント・ピープル』

 【日時】6月8日(金)〜10日(日) / 6月15日(金)〜17日

 【場所】谷町劇場(大阪)


また直近になったら公演詳細をブログに載せますね。

きっとまた、

 こないだ(4月も終わりか〜)

と言ってたのに…

(もう!6月が終わって夏 目の前かッ!!)

…って具合になるんだろ〜なぁ(^_^;)
[PR]
by mop-okamura | 2012-04-30 20:55
かわばた君
b0087245_2113246.jpg

b0087245_2113271.jpg

10何年前、文豪・川端康成の役を演じたことがある。

川端康成の書斎(復元)に座って、川端康成愛用のメガネ(?)をかけて、彼の文机に向かってみました。(写真②)

なんか心もし〜んと落ち着きますね。

川端康成の史跡も、現代の街中に いろいろ名残を留めて今もあります。

ふつうに、今の日常の中に馴染んでそこに在ります。

私が川端康成を演じた頃に見た風景と今の風景はやっぱり違ってるけど、私はあんまり変わってないのかな?いや、変わったのかな?

こちらが変わろうと変わるまいと、時間は常に流れてゆく。

作品はいつまでも変わらずに残って目の前にあるけど、街に残る偉人の痕跡は、少しずつ見えにくくなっていく。

忘れたこと、忘れてないこと

川端康成の当時を追想しながら

春の日差しと木洩れ陽を目一杯浴びて

のんびりと のんび〜りと♪

今を思う

(*^-^*)
[PR]
by mop-okamura | 2012-04-28 21:01
きざし
b0087245_10305443.jpg

能楽堂にはきっと神か魔物が棲んでいて、いつも演者をどこかからかじっと息を殺して視ている。
そんな気がする。

厳島神社から帰って次の日、ここで『文荷』の本番をやってきました。『文荷』は小品ながら謡も所作もあるなかなか難しい曲目です。

舞台で声を発して、私なりの御役を演じはじめた途端、(何かがちがう)という怖れ(?)にとらわれ、それからはもう地獄の時間でした( ̄○ ̄;)
共演者との波長が合わない。何より「場」に私の演技が馴染まない…そんな感覚。

(何かが違う、合っていない)ということは舞台に立つ者の感覚でハッキリと分かる。

途中、足拍子を踏み間違えたり、声が掠れて謡がうわずったり…と散々だったけど、なんとか最後まで務め上げようとあがく…あがく。。。

共演者の「次郎冠者」役のK氏や「主人」役のY氏と後で反省会。。。

私の演技は能舞台という「場」から弾き飛ばされてました。

はじまった途端、能舞台の神にそっぽを向かれた…というか…そんなカンジ。

長く舞台をやってるけど、本番中我が身に迫ってきたこの疎外感は本当に恐かった。恐怖です恐怖!

諸先生方を前にした研修発表会だったので、退室する際に(ただじゃ帰れないな…)と同門子弟共々 腹をくくって覚悟したけど、無事にスルーして…能楽堂を後にしました。

あの悪夢の本番から、早や一週間。

同じこの場所で、今日は学校狂言鑑賞会の『梟』をやってまいりました。

不安で、舞台上でも(あ、今、慎重になってるな)っていう自分を感じていたけど、まぁまぁ無事にソツなく(?)務められたかなと思う(*^-^*)

伝統芸能の舞台の神に通じる言葉を私はまだ知らない。

ただただその恐い視線と息づかいを舞台上で感覚的に知るだけだ。


そうはいっても、昨日の舞台でちょっと安心したところもあるんで、これが精神的復調のキザシに なればいいなぁ〜と思う。


(^∀^)ノ
[PR]
by mop-okamura | 2012-04-26 10:30
厳島神社を終えて
b0087245_0131980.jpg

b0087245_0132028.jpg

b0087245_013201.jpg

b0087245_0132025.jpg

b0087245_013207.jpg

厳島神社、二日目は6時起きで始まりました。

この時間は干潮で、能舞台の周りは土面でした。

先生の華やかなサンバソウはもちろんだが、宗家のサンバソウの豪快さに魅了される。

私が出演する『酢薑』は通常はオーソドックスな肩衣に狂言袴の出で立ちで演じられるんですが、
今回は初番の出番なので、肩衣の代わりに素襖(…だったかな?)を身につけ、座礼による登壇で始められました(*^-^*)

ちょっと見栄えがいいです♪

今回はアドの「薑売り」役を務めました。もちろん、緊張はするけど楽しみながらやれたような気がします♪

何年か前に、同じ厳島神社でシテ役の「酢売り」を務めた時、実はセリフを少しトチリました\(+×+)/

そのリベンジが出来た気がして、ちょっとホッ。

能楽師御用達のもみじ饅頭をお土産に、日暮れる湖面の朱の大鳥居を眺めながら、宮島から帰航するフェリーの上で気持ちいい春の海風に吹かれました♪

(^∀^)ノ
[PR]
by mop-okamura | 2012-04-22 00:13
ここんところ vol.2〜神の島〜
b0087245_1227467.jpg

b0087245_12274781.jpg

b0087245_12274720.jpg

b0087245_12274796.jpg

b0087245_12274778.jpg

宮島の厳島神社にやって参りました。
年に一度の桃花祭にたくさんの能楽師が参集します。

去年とくらべて気候も穏やかで暖かく、桜も もう葉桜。

大河ドラマの影響で清盛で盛り上がってるかな?と思ってたけど、意外にそうでもなく、“神の島”と言われる静かな雰囲気は健在で、鹿もポクポクのんびり歩いていました。

私の出番は2日目なので、初日はほとんど楽屋に居ます。

年々、物見遊山の気分が抜けていき、今年はそれをハッキリと自覚しました。

楽屋では「ハタラキ」という役回りがあるんだけど、これからはそれをしっかり務められるよう、細事にわたって覚えていかなくちゃね。
気が引き締まります。

潮の満ち引きの加減でいうと、今年の本番中は干潮でした。

能舞台の周りも厳島神社の朱の大鳥居の周りも土面が現れてました。

夜になると、ほんとに真っ暗な島です。
コンビニなんてものも一軒も無いしね。

ライトアップされた厳島神社神社も見たかったけど、そんな時間もない。
徒歩10分くらいの宿舎にいたのに〜(^。^;)


そんなこんなの宮島入りの初日スタートです!

夕食の牡蠣がめちゃくちゃ美味しかった♪
[PR]
by mop-okamura | 2012-04-19 12:27
ここんところ vol.1
b0087245_0312135.jpg

b0087245_0312140.jpg

b0087245_0312123.jpg

b0087245_031215.jpg

安芸の宮島、厳島神社での狂言、本日無事に終わりました。
今、まだ広島にいま〜す。これから帰りま〜す。

バタバタしててこないだの『食卓』公演のこともほとんどブログにアップできないまま、時間に流されてます(^_^;)

『食卓』公演、無事に千秋楽を迎えることができました。

皆様ありがとうございました。

たくさんのお客様の中には、怖いもの見たさでしょうか?…「ヒーロー」役の私の“全身タイツ”姿を期待してくださってた方もおられたようですが、(実際、タイツ姿になる予定だったんですが)なんと本番直前のゲネ(リハーサル)でヒーローの全身タイツが却下になりました(@_@)

私もびっくりしたけど、ヒーロースーツをわざわざ制作してくださった衣装の方もびっくりですよ。。。

結果的に、非常に繊細なお芝居になったので、
私がヒーロースーツを着るインパクトがかえって芝居の邪魔になった…カンジです(^。^;)

期待してくださった皆様、ごめんなさいでした。

打ち上げも途中で失礼し、その夜、広島へ向かったんですが、本当に(セリフにあったように、スーパーマンみたいに)ピュッ!と広島まで飛んで行けたらなぁ〜って思いましたよ。

いろいろ考えさせられ、いろいろ思い、いろいろ見えた公演でした。
まぁ、いつもですが(*^-^*)

なんか本当にピュッと過ぎちゃいました、ピュッとね。

(写真①)稽古後、皆でよく行ったお店のワンコインセッ
     トです。お値打ちで美味かった。
(写真②)春の交通安全週間に見事に引っかかった私とO
     君。仲良く同日に交通違反切符を切られてました。
(写真③)劇場入りして、合間の時間に仲良く一緒に罰金
     払い込み。
(写真④)そういえば主演でした(b^ー°)
[PR]
by mop-okamura | 2012-04-18 00:31
あっという間に
b0087245_10345285.jpg

b0087245_10345294.jpg

あっという間に千秋楽を迎えてます(^∀^)ノ

生演奏が入るお洒落なお洒落な芝居です。
公演の合間も、舞台から何気にピアノやギターが流れてきます。

ゆったりした気持ちで公演準備に入ります。

炊き出しの「食」を皆で食べます(写真)

『食卓』の舞台裏でも皆で「食卓」を囲んでいます(笑)


いってきます。
[PR]
by mop-okamura | 2012-04-15 10:34
ありえないづくし!?
明日からいよいよ こまち日和公演『食卓』の本番が始まります。

重なる時はいろいろ重なるもので、他の本番やいろんな大事な行事が重なります。
『食卓』本番の2日後、安芸の宮島・厳島神社の能舞台で、その翌日は京都の能楽堂と、連日本番がつづきます。このスケジュール…ありえない(^。^;)

一昨日は古典芸能のリハーサルに人間国宝宅へ伺候。

御前で披露し、『前半はテンポ良くやりなさい』と承る。
後の自分たちの自主反省会で2点ほど不明点があがる。

…お扇子の片手取りは「ありえない」?
両手で取らなければならないのか…これは要確認事項だ。

期待して行ったお店も、口コミやHP情報とは全然違うってこともあるようで、ビックリ&がっかりさせられる。
「ありえないっ!」くらい違うこともあって(詐欺ちゃうか?)と怒りすら覚えることもありますね。

食事は、味はもちろん視覚や場の雰囲気込みで楽しむもの、選択は自分の目で確認してからじゃないと怖いですね。

明日から始まる芝居のタイトルは『食卓』

どんな食卓になるのだろう。

我々が囲む食卓をご観劇くださるお客様方は、いわば『食卓』という食卓(芝居)を囲みに来てくださる方々。

芝居の内容(味)…も視覚も雰囲気も、御満足していただけるものを提供しなければ、それこそ(詐欺ちゃうか!)とお叱りを受けてしまいます。

気持ちが引き締まります。

どうかお楽しみください。

心より御来店(ご観劇)をお待ちしております(^∀^)ノ
[PR]
by mop-okamura | 2012-04-12 12:47
ありえない!? (vol.2)
b0087245_2348183.jpg

b0087245_23481828.jpg

b0087245_23481886.jpg

b0087245_23481814.jpg

桜が良い感じに咲きかけてきてますね♪

稽古帰りの夜路、ふと気づけば、もう散ってる桜もチラホラ?

靴で桜を踏まないように注意深くよけて歩いてたんだけど…

…ん?……あれ?

桜じゃない!?

道に張り付いてるのだろうか?花びらが吹き散らない。

んん!? …なんで?

よくよく見ればなんと!


鳥のフン(>_<)


どうして、こんなにいっぱい。。。

と思って、頭上を見上げれば

Wooo〜!

電線という電線にスズメがびっしり隙間なくとまっています
(@_@)

あ、ありえない…!

まるでヒッチコックの映画のような光景だ。

あんなにとまって何してるんだろう…?


ふしぎ。
[PR]
by mop-okamura | 2012-04-09 23:48
ありえない!?
b0087245_2375459.jpg

いよいよ本番までカウントダウンに入りました〜!

今日は衣装合わせもありました。

すごく「映像」っぽい作りの芝居です。
私自身、あんまりこういう芝居をしてこなかったので、少し戸惑ったりするところもあるんですがf(^_^;)、今日、自分の衣装のひとつ…「ヒーロー衣装!」を着てみて もひとつ大きく戸惑う(笑)

う〜む…いいのだろうか(^。^;)

ありえない?

ここまでのコスプレ衣装は、昔やらせていただいた「第四次元小学校の理科教師・ミヤザワ」役以来だな。

ちなみに、こういう衣装も出てくるからといって、そういう芝居では全然ありません(*^-^*)
たぶん連想されてるのの真逆いってます。

たいへん繊細でお洒落〜な芝居です。

明日は、〈通し稽古〉です。

今回、多彩なアーチストの方々がコラボ的に関わってくださっていて、芝居にもいろんな仕掛けが隠されてます。

どうぞお楽しみに(^∀^)ノ

本番まであと4日っ!!
[PR]
by mop-okamura | 2012-04-08 23:07



岡村宏懇のブログ
by mop-okamura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30