<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
長野 たけにんぎょう vol.1
b0087245_15461194.jpg

b0087245_15461153.jpg

b0087245_15461180.jpg

b0087245_15461142.jpg

(写真①)福井県を出発!
(写真②)若狭路より眺める日本海
(写真③)岐阜県養老SAにて。中部圏なんで、きしめん!
(写真④)恵那峡トンネル


長野県に向かってま〜す♪

福井県から長野までざっと6時間!?

北に行くほど 紅葉がクッキリ。

竹人形といっしょに揺られながら、中央道をまっしぐらです。
[PR]
by mop-okamura | 2014-10-31 15:46
あの〜
b0087245_22435781.jpg

古典芸能の本番無事に終わりました〜。

本番前に40分ほどレクチャーをするんですが、話に「あの〜…」の口癖が多い。。。

いつもの講義でも(あの〜)って言ってるな〜って、なんとなく自分でも気づいていたんですが、袖で待機してたみんなから「何回あの〜言うねん(笑)」と、つっこまれて再認識です(^_^;)

自分の内心に潜って、頭の中で整理しながら喋ると(あの〜)って連発するようです。

演出して、口から唾飛ばして役者にダメ出ししてる時なんか、一切(あの〜)なんて出ないのにね。

思考の速度とか自信とかとも関係あるのかな?

口癖に限らず、クセを直すのは難しいですf^_^;。

が、そんなこと言ってられません。

これから、絶対(あの〜…)って言わないぞ!って心決めて立ちます!

…。

けども…

(あの〜)の代わりに(え〜…)って言ってたりしてね(^。^;)
[PR]
by mop-okamura | 2014-10-28 22:43
竹にんぎょう(vol.3)
b0087245_22553484.jpg

b0087245_22553474.jpg

b0087245_22553479.jpg

竹人形文楽inあわら公演、無事に幕が下りました。

御覧いただきましたたくさんの皆様、ありがとうございました!

劇場は熱気に溢れかえって いつまでも収まらない有り様でしたが、
月光だけが白く皓々と照るあわらの町は どこまでも真っ暗闇で、し〜んとして静かでした。

あわらの金津にある地蔵尊は、能狂言の演目〔金津〕の舞台になったご当地です。

行ってみたかったけど、歩きだとかなり遠いので今回は断念(ToT)

代わりにご当地の景色と空気に浸ってきましたよ。

宿のロビーで我々を出迎えてくれたのは〔肉付きの面〕伝説のオブジェ!

こ…こわいっ!

そしてこれが全て瓦で作られたものだそうでビックリ!!
越前瓦の産地なので、瓦焼きでできているんです。
鬼瓦よりも迫力あったな〜。

吉崎御坊も近い芦原は“信心の土地”で、いろんな伝説が今に伝えられています。

竹人形も、ものすごく馴染む芦原です♪

また芦原の土地で公演できることを、しっかりと祈念して帰って参りました〜(*^-^*)
[PR]
by mop-okamura | 2014-10-15 22:55
竹にんぎょう(vol.2)
b0087245_11271570.jpg

(写真)
初演から大事に使いつづけている小道具の煙草です。時代を感じさせるGOLDENBAT!竹人形サイズなところがにくいですね(^^)


あわら市市長さんの御挨拶の後、1ステージ目の幕があがりました。
市長さんも最前列で最後まで竹人形文楽をご鑑賞され、客席も満席で盛況でした(*^-^*)

私が操る文楽人形は〔崎山〕で、敵役という程でもないですが、主人公玉枝の運命の転変に重大にからんできます。

これまでは結構〔イヤな奴〕で演じてきましたが、最近は〔お人好しで弱いヤツ〕にキャラが変わってきています(笑)

あるシーンで、崎山は煙草を吸うんですが、リハーサルの時、煙草がポッキリ折れて、す…吸えない(T_T)

久しぶりの演目で、小道具の煙草が湿気てヨレヨレになってたのが原因です。

人形はタバコ吸えないんで、黒子の私が代わりに吸って人形の口元から紫煙を吐き出すんですが、口の中に広がるイガラっぽさは、いろんな記憶の味がしました。

あわら市ご当地公演千秋楽です♪

連休中日の今日は、湯の町〔芦原温泉〕に訪れる湯治客も多いようです。

がんばります(^_^)v
[PR]
by mop-okamura | 2014-10-12 11:27
竹にんぎょう(vol.1)
b0087245_838156.jpg

b0087245_838197.jpg

b0087245_838149.jpg

b0087245_83815.jpg

北陸は芦原に来ております。

途中のSAで〔へしこトロロ丼〕を食べて若狭の味覚を味わい(写真②)、ついでに高速からの若狭北陸の眺めも味わいながらの芦原入りです。

竹人形文楽は、舞台セットに切り出した生竹を立てて、竹林に見立てているんですが、
今回はご当地芦原の竹を劇場に伐り入れて、文字通りこの土地の公演になっています。

物語の主人公の玉枝ゆかりの地がこの芦原温泉で、今回はそのご当地公演になります。


越前の竹の聖霊に誘われての竹人形文楽です。

私の中で、文楽人形を操る手の内の感覚も徐々に戻ってきています。

8年ぶりの芦原公演!

8年前の記憶はあんまりないですが(笑)、新しい記憶を刻んでゆく公演になればと、
思いを新たにしている朝8時半です。

快晴です(o^∀^o)
[PR]
by mop-okamura | 2014-10-11 08:38
がっこうかんしょう
b0087245_14133610.jpg

京都へ修学旅行に来た小学生の皆に、古典芸能のワークショップと実演鑑賞を。

めちゃくちゃ元気の良い子たちで、会館の窓が熱気で曇りました(*^^*)

神社仏閣などハードの世界遺産ばかりでなく、ソフトの無形文化遺産(芸能)の鑑賞を修学旅行のスケジュールに組み入れている学校も最近は多いです。

私も小学生の時、修学旅行で初めて京都奈良を訪れて、((いつか京都に…))と憧れたことを思えば、一期一会の今回の機会も、子どもたちの古典芸能への第一印象を決定づけてしまうように思えて、めっちゃ重責を感じました。

子どもたちの反応は正直で、面白けりゃ見るけど、そうでなけりゃソッポ向いて喋ってる。

現代の子どもたちをも惹きつけてやまない古典芸能の底力を再確認した舞台本番でした。

明日からは竹人形文楽ツアーです♪

次は文楽の幽玄の世界へ皆さんを誘います(o^∀^o)
[PR]
by mop-okamura | 2014-10-10 14:13



岡村宏懇のブログ
by mop-okamura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31