<   2014年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
目と腰
この2〜3日、免疫力が落ちてるのか〔ものもらい〕ができて、左目がウサギのように真っ赤!になりました。

目の中がゴロゴロして、不快感がハンパ無いです。
左目の芯が疲れ、左目周りの筋肉も固く張ってくるし…ストレスでした。

先日来の軽い腰痛も気になったので、
整形外科と眼科と立て続けにハシゴして医者に診てもらいに行きました。

先日の高槻市での古典芸能の本番は、左目真っ赤で、装束の下にコルセットを巻いて舞台に立った私ですが…p(´⌒`q)
実は、時を同じくして、師匠も腰痛になられビックリ!

今日の舞台は、出演される師匠に私のコルセットをお貸し致しました(*^^*)

故障はホントにコワイです。

健康であることが何より有り難い!と、しみじみ思わせられる今日この頃です。
[PR]
by mop-okamura | 2014-11-29 20:34
明石たけにんぎょう
b0087245_23181448.jpg

先日、明石での竹人形文楽の本番でした。

お昼のお弁当の時、劇場館長さんから「卵焼き」の差し入れをいただきました。

卵焼きと言うからフツーの卵焼きだと思ったら、〔明石焼き〕のことでした♪

ご当地では〔たまごやき〕って言うんですね〜。

明石城の見える所に宿泊してても、劇場との往復に終始して本場〔明石焼き〕も食べに行ってる暇が無い。。。
思いがけぬ差し入れに小躍りしました。

本番は、楽しかったです♪

これで、またしばらく〔崎山〕人形ともお別れです。

本番中、興がノってきて夢中になって…ふと気がつけば、
人形と顔をくっつけて同じ高さ同じ目線で相手役の〔玉枝〕人形を見ている黒子の私がいました(^-^)

まさに人形と一心同体(?)ですね(笑)

今公演の舞台セットの竹を運びこむ時に、少し腰を痛めました(>_<)


ギックリ腰ってほどじゃないけど、気をつけないとコワイコワイ。

文楽人形の腰を支えてる黒子の私の腰の方がヤバかったです(^。^;)
[PR]
by mop-okamura | 2014-11-26 23:18
あてれこ
b0087245_11145695.jpg

アニメーションのアテレコ、やってみるとなかなか難しい。

台詞術がとか、そういうんじゃなくて、
アテレコ術が…です。

キャラクターの口の動きを見て台詞を入れるとか、めまぐるしく回転表示されるタイムを見ながらを画面を見て喋るとか(^_^;)

演技指導する時、『台詞だけじゃなくシーンのリズムにも気を払って!』とか、よく口にするんだけど、アテレコもリズム大事です。

シーンの勢い、物語の運びのリズムをつかんで、自分の番を喋る。

なかなか面白かったです(^-^)
[PR]
by mop-okamura | 2014-11-22 11:14
師匠の会
b0087245_21561578.jpg

先日、師匠の会がありました。

初番の後見役をつとめた他、盛会のエンディングの祝言を謡いました。

能舞台は檜の板の間。
30分弱の曲目の間、後見座でじっと正座していると(足が痺れてこないか)結構不安になります…ていうか、痺れます(^_^;)

私は足の甲が高いんで、痺れやすい(>_<)

後見座で、師匠や他家の御曹司の方々の演技を間近に観てると、つくづく台詞のリズムが美しいなぁ と、惚れ惚れします。

どうやったら、あんなふうに喋れるんだろう?

古典芸能の様式、演じる「型」というのは、決して古臭い“死んだ形”じゃなくて、常に今目の前の役者によって“生きられているスタイル”です。
そういうビビッドなものとして目の当たりにできます。

型を「文化」と言い代えるなら、私は能舞台で、常に“生きた日本文化”の中にいます。

幸せなことだなぁと思います(^-^)
[PR]
by mop-okamura | 2014-11-17 21:56
ごーじゃす!
b0087245_1137360.jpg

某ホテルのレセプション会場にて古典芸能の本番!

流派の御宗家の方や他家の方とご一緒させていただきました。
特に、御宗家と舞台で共演させていただける機会なんてそうそうあり得ないことなんで、慎みながら、でも目一杯 演じさせていただきました(*^^*)

古典芸能は、師匠の音を耳コピして稽古をしてゆくので、台詞の発し方も御家によって違ってきます。
そこに、お家芸たるべき家風や家色も現れてきます。

なによりも、舞台で対峙させていただきました時の身体から滲み出てくる「迫力」や「圧」こそ、やってみた者にしかわからない生きた勉強になりました!ありがとうございました。

大盛況の舞台を終えた後、別室に招じ入れられまして、ホテルの腕によりをかけた中華料理をいただきました。

フカヒレまるごと使った雑炊が圧巻でした。

演者ラインナップもご馳走も、めっちゃゴージャス!なひと時でした(^-^)
[PR]
by mop-okamura | 2014-11-12 11:37
不思議にも…
b0087245_1525578.jpg

貸し切りの劇場で、学校公演でした。

音の響きがそれ程よくないホールと聞いていたので、セリフをよく噛み締めて一音一音ハッキリ話すように心掛ける。

かなり、やんちゃな高校生たちで(笑)、開演前の先生の点呼に応えたら すぐ席を立ってロビーに出て行ってしまい、慌てて追いかけていった先生に引っ張り戻されてくる生徒もチラホラ。

客席でも、ふんぞり返って…というか、よくそんな体勢で舞台を眺められるなぁとツッコミを入れたくなる男子生徒も何人か。

観たことをすぐに口に出すので、客席の私語はとどまらない。

例えば、

舞台で大きな声でしゃべると→『声でけぇな(笑)』

私が登場すると→『坊主頭また出てきた(笑)』…みたいな(^_^;)

や。。。やりにくい。。。

不思議だったのは、舞台の声が通りにくいと聞いていたのに、客席の私語が舞台上にものすごく伝わってくることだ。

長いこと舞台をやってるけど、客席の話し声の内容まで聞こえてきたのは初めてです(゜∀゜;)

ヒソヒソ声なのに、なんで聞こえてしまうんだろうね?

演じてて集中力が阻害されそうになることが度々(ノ><)ノ

そんなことで役への集中力が途切れそうになるなんて、まだまだ未熟者だなぁと反省。

私、後半、ナチス将校役になってユダヤ人を『いいかっ!よく聞け!!』と恫喝するシーンがあるんですが、ムチを振り上げながら、いつもより“力”が!(笑)

でも、そういった一部の生徒以外の大半は、しっかり舞台を観ていただき、引率の先生方からも御好評でした。

ただ、個人的には、
舞台の面白さや魅力で うるさい一部の生徒を芝居に惹きつけ 自然に黙らせられなかったことが悔しいです。

気持ちの集中力が折れないよう、毎ステージ準備してゆかなければ。 ね。
[PR]
by mop-okamura | 2014-11-07 15:02
自戒!
b0087245_23273433.jpg

今日はお昼から、能楽堂にて古典芸能の本番でした。

今回はシテ役(主役)です!

この役は、一年半ぐらい前に宮島の厳島神社の能舞台で演ったもの。
めちゃくちゃ久しぶりでした。

改めて詞草にあたってみると、(意外に覚えてる)…じゃなくて((意外に忘れてるよ!))の実感の方が強くて…焦った焦った。

(^。^;)…ふぅ。

フルスピードで思い出し作業に入りましたが、
本番直前まで本当にキワキワで、精神衛生上悪い悪い(笑)。

フタを開けてみれば、
本番は、見所(能舞台の客席)のウケもすごく良くて、気持ち良かったです♪(^0^ )

上演時間の関係で、少しだけシーンをカットして〈短縮バージョン〉でやりましたが、皆さん、プロです。
本番直前のカット改変にも直ぐに対応して へっちゃらな顔して舞台へ出てゆきます。プロだな〜。

結果オーライだったけど、
私もプロとして、どんな状況でも、常に一定のクォリティーで応えていかなくちゃいけない。

たまたま上手くいったとしても、過信は禁物!

一度くらい上手くいっても、もう一回?…は、あると思うな!

そういう心構えでやってかなきゃね。

二度目はないぞ!!

自戒 自戒 (^w^)

…と言いながら、明日は滋賀県で、現代劇の舞台本番です!

これも久しぶりの再会です!

ナチス支配下の治世が舞台。

気を引き締めてやって参ります(`∇´ゞ
[PR]
by mop-okamura | 2014-11-05 23:27
長野 たけにんぎょう vol.3
b0087245_2110742.jpg

b0087245_2110817.jpg

公演地への移動で、車窓から山間部の秋色の風景をぼんやり眺める。

いろいろな土地に、いろいろな生活があるなぁとしみじみ思います。

我々の宿舎は芸術村の一角にあって、浅間山まで一望できます。
囲いの無い露天風呂の開放感が驚きです!

今回我らをこの地へ呼んでくださった実行委員のKさんは、〔芸術むら〕を施工整備され、長年この地の造作に心を尽くされた土地の名士ですが、この景勝地にゾッコン惚れ込まれて、今や私宅もここに移されているほどのお熱です。

カメラが御趣味で写真集も上梓されてる本格派。

この地の四季折々に見せる表情を切り取った写真集を記念にいただきました。

私も、朝靄の中、にわかカメラマンを気取って芸術村を散策。

パチリ☆

パチリ☆☆

どないなもんでしょう? (^0^ )

(写真①)(写真②)
[PR]
by mop-okamura | 2014-11-02 21:10
長野 たけにんぎょう vol.2
b0087245_1333507.jpg

本番当日の朝です。

リハーサル、マチネ本番、ソワレ本番の都合3ステージの長丁場。

午前中のリハーサルが終わった時点で、人形遣いとしての自分的には…竹人形を操る感覚がちょっと鈍っていることを実感。

竹人形文楽は、語り芸と人形二人遣いとの“三位一体”芸です。

我々の瞬間〜瞬間の息が 奇跡を生みます。

物言わぬ竹人形が息をして自由に動きたがっているのが、操っていてわかる。

竹人形に息を吹き込み、芝居と客席が通じ合って劇場全体が息吹きをあげる!
そんな本番をめざしたい(^◇^)┛

(故)水上先生ご当地での公演です。


先生、御覧になってますか〜(^o^)/
[PR]
by mop-okamura | 2014-11-01 13:33



岡村宏懇のブログ
by mop-okamura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★以前の記事
★最新のトラックバック
飢餓海峡
from 1-kakaku.com
ハローキティ
from 新解 冗用漢字 ー新しい日..
★劇団M.O.P.リンク
★フォロー中のブログ
★検索
★その他のジャンル
★ファン
★記事ランキング
★ブログジャンル
★画像一覧