夏祭りでも
b0087245_22272528.jpg

b0087245_22272541.jpg

b0087245_22272574.jpg

b0087245_2227258.jpg

行ったり来たり・・・なかなかメリハリが きいています(^з^)

昼に京都の能楽堂で本番!
終わってすぐ奈良に走って、夜に東大寺脇の神社にて本番!

共に古典芸能の本番ですが別作品で〜す。

奈良は古典芸能〔散楽〕発祥の地だから、そのお膝元の神社で本番をつとめさせていただけるのはなかなか趣深いです(*^^*)

奈良は夏祭りで、境内には露店もいっぱい出てて、昔懐かしの〔紙芝居〕もありました(写真③④)

外国人観光客もいっぱいで、奈良のゆるキャラ〔せんとくん〕のぬいぐるみも出張。記念写真で賑わってました。

私たちは本番前、神殿で神主さんから御祓いを受け、身を浄めてから舞台に出るのですが、
御祓いの時、黒紋付きで居並ぶ私達の列に〔せんとくん〕も列席。ちょうど私の真横に〔せんとくん〕が座りました(⌒〜⌒)

いや〜こんなにマジマジと〔せんとくん〕を見るのは初めて!
腕にはめた金の二重ブレスレットが眩しく光ってます。

御祓いが始まり、〔せんとくん〕も私達の拝礼に合わせて見よう見まねで頭を下げるんですが、鹿角の大頭が重いのか 頭を下げると・・・そのまま前転体勢に入ってました・・・(笑)

古典芸能はもともと神様に奉納する芸能です。

古社の小さな神楽舞台で、参拝の善男善女に向けて演じた本番は、祭りの雰囲気に馴染んで、演ってて気持ち良かったです♪

古典芸能の本来の姿ですね(^-^)
[PR]
# by mop-okamura | 2016-07-15 22:27
伝統芸能あちこち
b0087245_22391520.jpg

古典芸能本番!

控え室の窓から外を見れば、祇園祭のパレードかな?・・・あちら側も伝統行事でした(写真)

師匠との共演は久しぶりです。
やっぱり全然違いますね!オーラが(*^^*)
[PR]
# by mop-okamura | 2016-07-10 22:39
夏本番
b0087245_7221828.jpg

暑い暑い毎日がつづいていますが、京都は北の洛北にて古典芸能の本番をやってきました〜♪

よく演じている〔演目〕も、本番を重ねるごとに、何かしら発見があります。

この間、稽古場で久しぶりの演目を、台詞を見直す暇なく、そのまま立ち稽古に入ったんですが、ぶっつけで演りながら・・・詰まり詰まりではありましたが意外に台詞が口から出てきたので、我ながら(結構覚えてるもんだなぁ(^_^)v)と、ちょっと安心しました(^_^;)

まぁ、覚えてるだけで、演技はボロかったですが(-"-;)

この間の〔間(ま)〕の良し悪しについて書かれた本が気になります。

日々、良い間(ま)を心掛けていきたいものです。

暑い夏がいよいよ始まります。

初夏はなにかしらワクワクする季節です(*^^*)

夏本番スタート!

乗り遅れるな。
[PR]
# by mop-okamura | 2016-07-06 07:22
2ステ
b0087245_9201554.jpg

(写真)舞台袖からナチス軍帽


久しぶりの2ステ本番でした〜(*^^*)

今回は灼熱地獄の本番2stを想定していましたが、むしろ2週間前の学校公演(1st)の方が暑かったぐらいで、救われました〜♪
最近は朝晩も涼しいくらいですもんね〜。

ナチス占領下のユダヤ人家族を演じますが、毎回楽しみにしています♪

個人的に準備期間ほとんど無しの・・・“毎回ぶっつけ本番!”なんですが、
シーンを〔成立〕させるために とにかく舞台上でスリリングに“生きて”ます。
それがめっちゃ楽しいんです♪

同じ作品の巡演なので、毎公演ごとの終演感が大変ベンキョーになります。
ただ・・・劇団カラーとして、毎公演打ち上げでみんなで芝居の感想をワイワイ交歓し合うという雰囲気は無いので、芝居の感想も自分だけのもので終わっちゃうところが、やや残念なんですけどね(^_^;)
“郷に入れば郷に従え”です。

今回、声がヤバかったですが〔ナチス将校〕役に、ちょっと伸長があったように自分では感じています。

次、今度は9月の本番で、試してみたいと思っています。

こういう機会に恵まれ、感謝感謝です(^^)

皆さん、ありがとうございます!
[PR]
# by mop-okamura | 2016-06-29 09:20
b0087245_21331340.jpg

b0087245_21331358.jpg

b0087245_21331316.jpg

福井での本番は、自分なりに、なんとか〔影〕を“生きられた”実感もあり まずまずでした(^_^)v

併設された本館で〔斉藤シンイチ〕展をやっていて、
隙間時間にフラッと入ってみました。

一枚の絵に目がとまった。

燃えるような緋色の着物を着た盲目のゴゼさんたちが、真っ赤な夕空に向かって歩いている。

なぜだか、その絵から人の声は聞こえてこない。

じっと見ていると目が赤色に焼けてくるようだ。

斉藤シンイチ氏は〔さすらい〕の画家だという。

氏の言葉にこんな文意のものがあった。

『生きるとは 
この風の音
花の匂い

生きようとすることは

この道を行こうとすること』

斉藤シンイチ氏の古本が家にある。
買ったまま、もう何年も埃をかぶってそのままになっている。

公演は終わったけど、ちょっと読んでみよっかな?

盲目行を照らす“光”が何なのか、わかる気がする今だからね(*^^*)
[PR]
# by mop-okamura | 2016-06-20 21:33



岡村宏懇のブログ
by mop-okamura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
★以前の記事
★最新のトラックバック
飢餓海峡
from 1-kakaku.com
ハローキティ
from 新解 冗用漢字 ー新しい日..
★劇団M.O.P.リンク
★お気に入りブログ
★検索
★人気ジャンル
★ファン
★記事ランキング
★ブログジャンル
★画像一覧