カタチをみる
b0087245_8283086.jpg

京都の能楽堂にて。

今回は配役を変えて、〔アド〕役で本番を務めました(*^^*)

ここんところ同演目の〔シテ〕役を演らせていただきましたので、ちがう角度から演目をみれて 改めて作品と役への理解が深まりました。

「オカソン、両足の開きの角度が広い!」・・・

・・・なるほど(^_^;)

「役」の個性によって姿態が変わります。

“役作り”とはメンタル面だけでなく、造作の模写でもある。

スタイル(型)は、何につけ大事です!
[PR]
# by mop-okamura | 2016-06-10 08:28
つなげてゆく
b0087245_11542520.jpg

(写真)薪能。宴の跡。


先月末の私がシテ役をつとめさせていただいた古典芸能の研究公演ですが、当初の予定通り〔基本〕に忠実に頑張って参りました〜(o^∀^o)

楽しかったです♪

そして、6月恒例の平安神宮での薪能も、私は楽屋働きで出仕させていただきました。

なかなか装束の着付けに慣れず、楽屋でただウロウロすることが多いのですが、そんなことばかりも言ってられないので、教えられたことは確実にできるようにしていかなくては。ね!(b^ー°)

そして昨日は、某ホテルで修学旅行生対象の古典芸能のレクチャー。
たまたまですが、私と同郷の愛知県からお越しいただいた小学生の皆さんへのワークショップです。

今思えば、私が京都に憧れ、大学で京都に来ることになったひとつのキッカケは、小学生の修学旅行で京都を訪れた時の強い印象でした。

私も、小学生の皆さんに、古典芸能の面白さや魅力を感じていただき、
私がそうだったように、何らかの印象を、心に刻ませていただくことができたなら とても嬉しいです!

{つなげ、つながってゆくこと}

古典芸能のもう一つの使命です。
[PR]
# by mop-okamura | 2016-06-04 11:54
奈良にて
b0087245_2282760.jpg

奈良にて古典芸能の本番!

ここんところの自分のテーマは〔基本に忠実に!〕

演って参りました〜♪

なかなか“完全”とはいきませんが、ひとつひとつ微調整は積んでいます。

きれいな能舞台でした。

舞台に出ると清々しく、ピリッと気持ちが引き締まります。

(*^^*)
[PR]
# by mop-okamura | 2016-05-25 22:08
基本に立ち返れ
b0087245_23475590.jpg

某老舗ホテルにて古典芸能の本番を演ってきました(^_^)v

有名な演目で、私もこれまで機会があれば度々やってきた作品ですが、今度の研究公演でも、夏の名古屋能楽堂でも、またやります。

慣れもあって、演りやすい作品ですが、あらためて演ってみると自分なりに かなりアレンジをかけてることに気づかされました。

例えばオリジナルでは、相手に向かって

『それならば、また せいをだいて扇いでおくりゃれ』

と、言うところを

『それならば、また(そなた)せいをだいて扇いでおくりゃれ』

と、相手を呼ぶ(そなた)という台詞を、無意識に付け加えてたりするんですね〜。

そういった自分で台詞を補ってる箇所が、ちょこちょこある
f^_^;

現代劇ならば別に問題ないとも思いますが、古典伝承芸能なんで詞草は正確で正解が有る。それを勝手に変えてはいけないものだ。

現代劇の場合、端役など人物描写が台本的にあまりなされてない場合など、役者は自分の演技力(力業)でその役を“面白くする”ということが求められたりします。
〈台本ではなく役者がシーンを面白くする〉ということですね。

古典芸能では、基本そういうことは必要無いように思います。

様式という〔型〕があり、それに忠実に従うことが求められるからだ。

今回は、自分勝手にアレンジをかけて役者の力業を試すのではなく、今一度 基本に立ち返って正確に演じてみる良い機会です。

役者のウケ狙いでなく、
古典そのものの持つ本来の面白さ、その真価を再確認したいです(^_^)v
[PR]
# by mop-okamura | 2016-05-19 23:47
いざ出陣!
b0087245_10455277.jpg

b0087245_10455268.jpg

b0087245_10455270.jpg

b0087245_10455226.jpg

b0087245_10455221.jpg

学校公演本番でした〜。

午前中の本番だったので、なんか身体が覚醒してないような…集中力の質も少しいつもとはちがうような…そんな感じもありましたがf^_^;…まずは無事に幕が降りました♪


朝8時現地集合でしたが、私は駅には7時過ぎに着いていました。

なぜかというと集合前に、ある場所に行ってみたかったからです。

ここは真田山。

そう!真田幸村の陣地『真田丸』跡地なんです。

てくてくと小高い丘を上ってゆくと小さい社殿が見えてきます。扁額に〔三光神社〕とある。(写真1)

その境内に、今まさに出陣の下知を掛けんとする真田幸村の勇姿を写した銅像が で〜んと立っていました。(写真2.3)

終焉の地〔安居神社〕の、片膝立ちで疲れきって座る幸村の座像(写真4.5)とはかなり印象が違う気力漲る堂々たる出で立ちです!

『出陣っ!』と号令を掛ける幸村の大音声に背中を押されながら、
学校公演本番にいざ出陣!して参りましたo(`▽´)o
[PR]
# by mop-okamura | 2016-05-09 10:45



岡村宏懇のブログ
by mop-okamura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
★以前の記事
★最新のトラックバック
飢餓海峡
from 1-kakaku.com
ハローキティ
from 新解 冗用漢字 ー新しい日..
★劇団M.O.P.リンク
★フォロー中のブログ
★検索
★その他のジャンル
★ファン
★記事ランキング
★ブログジャンル
★画像一覧